image
QRedit demo
image

「みんなの翻訳」は情報通信研究機構言語翻訳グループ東京大学図書館情報学研究室による共同プロジェクトであり、三省堂国立情報学研究所連想情報学研究開発センターが開発に協力しています。三省堂には「グランドコンサイス英和辞典(36万項目収録)」の使用を許可していただきました。

Mozilla Firefox
本サイトはブラウザ「Mozilla Firefox」推奨です。

「みんなの翻訳」で
作成した訳文を公開

原文著者の許諾があれば、翻訳文書を公開

QReditと「みんなの翻訳」は、翻訳文書を他人に公開せずに使うこともできますが、Creative Commonsライセンスで原文著者が翻訳と公開を許諾している場合や著作権が失効している場合、またあなたが原文著者から翻訳と公開の許可をもらっている場合などは、サイト上で文書を公開できます。

なお、「利用規約」にもあるとおり、「みんなの翻訳」では、投稿される文章などのコンテンツで、「みんなの翻訳」のサイト上で公開されるものについては、ユーザー自身が知的財産権を有しているか、知的財産権を保有する人がそのユーザーに対して公開コンテンツとすることを許諾しているものである必要がある、としています。そうでないものをQReditを使って翻訳した場合、その翻訳文書は「非公開」に設定してください。

公開されたあなたの翻訳文は、ほかの誰かが翻訳するという可能性

翻訳文を公開するときは、あなた自身がその翻訳文書について、「2次的著作物を作成し、それを公開しても良い」という許諾を与えてください。つまり、あなたが英語から日本語に翻訳した米国国務長官の演説(パブリック・ドメイン)を、あなたの日本語を元に誰かが別の言語に翻訳したいと思ったときに、改めてあなたに許諾を得る手続きなしで翻訳と公開ができるものとしてください。(といってもその許諾のために特別な手続が必要というわけではありません。)

公開できる場合と、非公開にすべき場合

作成した翻訳文を公開できる場合と、非公開にすべき場合については、次のページでケーススタディ的に具体例を見てみます。許諾がない場合、また許諾があるのかないのか判断に困る場合は、非公開に設定して保存してください。なお、QReditでは「非公開」がデフォルトになっています。

「みんなの翻訳」は、辞書内蔵の高機能なテキストエディタ「QRedit」を使って翻訳文書の作成ができるサイトです。



高機能エディタQRedit

「QRedit」で作った翻訳文書は、「みんなの翻訳」で保存したり、公開したりできます。



訳文を保存&ファイリング

 


作成した訳文を公開

 


翻訳で詰まったら質問

言語選択

 →