新着翻訳

Configuration of your jobs with .gitlab-ci.yml
 目次: > .gitlab-ci.yml とは  > image と services  > before_script  > after_script  > stages  > types  > variables  > cache   > cache key  >cache:policy  > include > Jobの種類  > script ...
Diplomacy of Conscience[Chapter 1]Amnesty International and Changing Human Rights Norms / Ann Marie Clark
第1章 国際政治の中のアムネスティ・インターナショナル 小さな個々人の集まりがアムネスティ・インターナショナル(AI)を1961年に設立した:人権原則を現実の行動に転化するために。彼らは他の人々を彼らに参加するよう招いた:多くの国で、自分...
release sudan human rights defender dr mudawi ibrahim adam / Defend the brave: release Dr Mudawi Ibrahim Adam
[組織的な運動原文] ムダウィ博士は勇敢に強く弁護した:スーダンで暴力から避難する家族たちのために、多くの他の人権問題と同様に。このために、彼は今、刑務所におり、死刑に直面している。 ムダウィ博士は彼の人権の仕事のために逮捕され罪状...
Getting started with GitLab CI/CD
GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CD の使い方 注: GitLab バージョン 8.0から、 GitLab 継続的インテグレーション (CI)機能が登場しました。GitLab では全てのプロジェクトにデフォル...
Configuring GitLab Runners
GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab Runnerを設定する  GitLab CIにおいて、Runner(ランナー)とは「 .gitlab-ci.yml 」で定義したjobを実行する機関です。ランナーは独立した(仮想)マシ...
Introduction to job artifacts
GitLab Documentation > User documentation > Projects > job artigacts の概要 注: この機能は、GitLab 8.2 並びに GitLab Runner 0.7.0以降から導入されたものです。GitLab Runnerの一機能で、GitLabにアップロードし...
Using Git submodules with GitLab CI
GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI で Git submodules を使う 注: この機能は、新しい CI job の権限モデル として、GitLab 8.12にて導入されました。これより古いバージョンのGitLabで...
GitLab Installation
  まず初めに  我々、GitLab開発チームは、皆さんにオムニバスパッケージのインストールを薦めております。  インストールの素早さ、アップデートの簡便性、多少の機能拡張に耐える安定性などから、これ以上安全な開発環境を工面できる方法...
GitLab on Raspberry Pi 2! / Job van der Voort
2015年 4月15日投稿    GitLabをRaspberry Pi 2に入れたい?  それなら簡単さ。    GitLabにはいくつものパッケージがあるけれども、その中に、Raspbian OS用に作られた「 公式Raspberry Pi 2オムニバスパッケージ 」というものがある...
Requirements
GitLab Documentation > Installation >GitLab稼働必須条件   オペレーティング システム   対応Unixディストリビューション Ubuntu Debian CentOS openSUSE Red Hat Enterprise Linux (CentOS用パッケージを導入してください) ...
Installing GitLab on Google Cloud Platform
GitLab Documentation > Installation >GitLab on Google Cloud Platform   (写真1)Google Cloud Platform ランディング ページ   Google Cloud Platform (GCP) では必要なソフトウェアを、主に Google Cloud Launcher program から導...
Installing GitLab on Kubernetes
GitLab Documentation > Installation >GitLab on Kubernetes 注: 本文で示しますパフォーマンスの比較値におきましては、Google Kubernetes Engine と Azure Container Service 上にGitLabを導入した試験値を比較したものです。Kubernete...
GitLab CE and EE AWS AMI
AMIでは各バージョンのGitLabを導入することができます。AMIのコミュニティから、「 GitLab EE X.Y 」「 GitLab CE X.Y 」( X.Y は、バージョン番号)と検索してください。 c4.largeインスタンス と largerインスタンス の立ち上げの際には、開...
GitLab Docker images
GitLab Documentation > Installation >GitLab Docker images  Dockerをはじめとするコンテナ技術が、近年のソフトウェア開発に新たな潮流をもたらしたことは言うまでもありません。  そのパフォーマンスの高さと、必要な処理だけを抽出す...
GitLab Installation  #Ubuntu
  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す ====================== sudo apt-get install -y curl openssh-server ca-certificates ======================  次に、GitLabからの通知...
GitLab Pages documentation
GitLab Documentation > User documentation > Projects >GitLab Pages 説明書  GitLabには「GitLab Pages」という機能があります。  GitLab ユーザーの皆さんは、それぞれのプロジェクトごと...
GitLab Pages
GitLab Documentation > User documentation > Projects > GitLab Pages 説明書 >GitLab Pages の 概要   まず最初に GitLab Pages機能 は、GitLab EE 8.3以降から使えるようになりました。 カスタムCNAMEにTLS証明書が使えるよ...
【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー
 onlyとexceptの使い方(基礎編)  少々長い説明になりますが、onlyとexceptにはそれだけ多様な使い方があります。   only と except という2つのパラメータには、jobがどの範囲にわたって適用されるかを指定する部分で、役割が共通してい...
GitLab Installation  #Opensuse 42.2 and 42.3
  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  OpenSUSE 42.2 あるいは 42.3で、次のコマンドを発令してください。  このコマンドでHTTPが開き、システムのファイアウォール内でSSHアクセスが実行されます。 ============...
GitLab Installation  #CentOS 7
  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  CentOS 7で、次のコマンドを発令してください。  このコマンドでHTTPが開き、システムのファイアウォール内でSSHアクセスが実行されます。 ======================...
GitLab Installation  #CentOS 6
  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  CentOS 6で、次のコマンドを発令してください。  このコマンドでHTTPが開き、システムのファイアウォール内でSSHアクセスが実行されます。 =====================...
GitLab Installation  #Debian
  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す ====================== sudo apt-get install -y curl openssh-server ca-certificates ======================  次に、GitLabからの通知メ...
GitLab Installation  #Raspberry Pi 2
 1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  Raspberry PI 2のRaspbianで、次のコマンドを発令してください。  このコマンドで、HTTPを開き、システム・ファイアウォール内のSSHアクセスを達成できます。 ============...
【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー
  script  scriptはランナーが実行するシェルスクリプトを定義するjobです。 ====================== job :   script : "bundle exec rspec" ======================  こ...
【GitLab 公式 を訳してみた】 .gitlab-ci.yml 設定メニュー
  pages  pagesは、GitLabで静的サイトを公開するときに使います。  少し変わったシンタックスで、次の2つの条件を守って設定する必要があります。 静的コンテンツはすべて「public/」ディレクトリに入れること 「artifacts」というキ...
GitLab CI/CD Variables
GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CDで使えるAPI変数  GitLab ランナーは、CIから送られてきたjobをもとに、ビルド環境を整えます。  このページでは、定義済み変数(環境変数)とユーザー定...
Registering Runners
GitLab Runner > ランナーを登録する  「ランナーの登録」とは、GitLabで実際に使っていくランナーをまとめあげる工程を指します。 目次 > 前提条件 > GNU/Linux > macOS > Windows > FreeBSD > Docke...
Configuring GitLab Runners #Using tags
  特定のランナーのトークンを取得する  GitLabのインスタンスから、権限の認証を通過せずに、特定ランナーのトークンを作成するには、 プロジェクトの「 Settings ➔ CI/CD 」に移動 ランナーを登録する   タグを使う  実際、...
Triggering pipelines through the API
GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >API設定でパイプラインにトリガーを設ける 注: GitLab CE 7.14にて導入。 GitLab 8.12にて「job permissions system」として再構成。詳細: new model and it...
Pipeline Schedules
GitLab Documentation > User documentation > Projects > パイプラインのスケジュール 注: この機能はGitLab Runner 9.1から導入されました。当初の機能名は、「 Trigger Schedule 」です。 9.2以降から、現在の 「Pipe...
ファイルプロパティ

使用許諾条件
ファイル情報
あなただけがこのファイルを閲覧・編集できます。
みんながこのファイルを閲覧できますが、
編集ができるのはあなただけです。
あなたに加えて、指定された人やグループが
このファイルを自由に閲覧・編集できます。
公開設定
編集設定
グループ:0組 翻訳者:0人
    
アクセス属性
この文書は「非公開」設定になっています。
一般公開する場合は、編集ページの書誌情報で「公開」設定に変更して下さい。
翻訳者選択

※メニュー「翻訳者管理」で翻訳者、グループを追加することができます。


    
ノート

非公開ノート
0 / 2000 ※「公開・編集」権限を持つ翻訳者のみに公開されます。
公開ノート
0 / 2000 ※文書を「公開」にした場合、一般に公開されます。

言語選択

 →