新着Wikipedia翻訳

Wikipedia Today's Photo: September 15, 2012
この画像は、水準器内蔵の高性能エスプレッソタンパー(グラインドしたコーヒー豆を詰め込む道具)を、アシュラー・べラム社が公開したCADプログラム『コバルト』を用いて三次元表示したものである。『コバルト』は、ダイレクト・モデリング手法で...
Wikipedia Today's Photo: September 14, 2012
ザンジバルのオールドフォートは、タンザニアの首都ストーンタウンにある要塞で、市内で最も古い建物である。17世紀後半、オマーン人が島をポルトガル人から守るために建設したもので、後に刑務所や兵舎として使用された。20世紀初頭には、ストー...
Wikipedia Today's Photo: September 13, 2012
リアプノフ・フラクタルのレンダリング画像。カオス・フラクタルの一種で、ロシアの数学者アレクサンドル·リアプノフに因んでそう名付けられた。リアプノフ・フラクタルは、2つの値A、B間における規則的挙動の領域とカオス的挙動の領域を写...
Wikipedia Today's Photo: September 12, 2012
1675年から亡くなるまでロンドン主教を務めたヘンリー·コンプトン(1632-1713)。その間、枢密院議員にも任命され、メアリー王女とアン王女の教育も任されていた。ローマカトリック教に強く反発していたコンプトンは、カトリック教徒のジェ...
Wikipedia Today's Photo: September 11, 2012
酸化の兆候が見られる電解精錬されたマンガンの小片と、比較用に置かれた1立方センチのマンガン。マンガンは鉄に似たシルバーグレイの金属で、その名はギリシャのマグネシア地方に由来する。マグネシアという名称は、マグネシウムの語源でもある。...
Wikipedia Today's Photo: September 10, 2012
タスマニアヒタキはタスマニア原産の小さなスズメ目の鳥である。オーストラリアヒタキ科に属し、アメリカコマツグミやヨーロッパコマドリとの関連性はない。開けた森林地帯で見られる茶色の鳥で、全長は16~17センチ(6.3~6.7インチ)。
Wikipedia Today's Photo: September 9, 2012
2010年9月9日、サンフランシスコ郊外にある、カリフォルニア州サンブルーノで起きた天然ガスのパイプライン爆発による被害。パイプラインの溶接不良が原因でガスが漏れ、爆発が起きた。ガスの影響で勢いを増した火が消火活動の妨げとなり、火は翌...
Wikipedia Today's Photo: September 8, 2012
ムオッタス・ムライユから見たスイスのハイ・エンガディーン渓谷の景色。マロヤ峠にある源流から100キロ(62マイル)下流のオーストリアへと北東に流れるイン川に沿って続いている。四方八方を標高の高い山々に守られたこの渓谷は、日当たりの良い...
Wikipedia Today's Photo: September 7, 2012
クリミア戦争中の1855年9月7日、ロシア軍とフランス・イギリス連合軍との間で繰り広げられたマラコフの戦い。同戦争における決定的瞬間の一つで、ここに描かれているように、フランスのズアーブ兵がロシアの砦の頂上にフランス国旗を掲げた。11ヶ...
Wikipedia Today's Photo: September 6, 2012
ザンジバル島という東アフリカの島沿いを航行しているダウ船。ダウ船とはインド洋や紅海一帯に起源を持つ伝統的な帆船である。大三角帆の帆を備えた帆柱が一本もしくは複数あり、船体の厚みが薄く、細長い形状をしているのが特徴。ダウ船は、現在...
Wikipedia Today's Photo: September 5, 2012
擬人化された動物と強風に耐え得る家屋を題材にしたおとぎ話『三匹のこぶた』の脚色版(1904年)で、狼がわらの家を吹き倒しているところ。印刷本としては1840年代に刊行されたものが最初であるが、物語自体はもっと古くから存在していたと考えら...
Wikipedia Today's Photo: September 4, 2012
ブルガリアの首都ソフィアで二番目に古い教会、ハギア・ソフィア大聖堂の身廊。現在の聖堂の起源は6世紀に遡り、この地に建てられた五番目の建物と考えられている。ソフィアという市の名称は、14世紀にこの教会の名を取って付けられた。今ではヨー...
Wikipedia Today's Photo: September 3, 2012
巣穴から出てくるコガタペンギンの一家。平均で、身長33センチ(13インチ)、全長43cm、体重15キロ(3.3ポンド)と、ペンギンの中では最も小さい種類である。オーストラリア南部やニュージーランドの海岸に生息し、中には、観光地として人気のある...
Wikipedia Today's Photo: September 2, 2012
ボールダーブレインコーラルのコロニー。石質の脳サンゴの一種で、主にカリブ海やメキシコ湾に生息している。大きなドーム状のコロニーは最大直径2メートル(6.6フィート)に及び、表面に凹凸のある畝がくねくねと網状に蛇行しているのが特徴。カ...
Wikipedia Today's Photo: September 1, 2012
『Les dernières cartouches ("最後の銃弾") 』と題された1873年のこの絵は、1870年9月1日に起きたバゼイユの戦いにおける、フランス軍海兵隊の小隊"青師団" を描いたものである。フランス陸軍がセダンの戦いで敗北し...
Wikipedia Today's Photo: August 31, 2012
フラックス法によって作製されたカドミウムの結晶棒と、比較用に置かれた1立方センチのカドミウム。柔らかく、青みがかった白色をしたこの金属は、同じ第12族に属する二つの安定金属、亜鉛及び水銀と化学的に類似している。1817年に、シュトロマイ...
Wikipedia Today's Photo: August 30, 2012
1908年頃、亡くなった人の顔の型を取るため、石膏を使用している二人の作業者。顔型はその後、故人のデスマスクを作るのに使用される。デスマスクは故人の記念物のようなもので、肖像画を作成したり、埋葬の儀式で顔にかぶせたりするのに使用され...
Wikipedia Today's Photo: August 29, 2012
カナダ文明博物館は、カナダの国立人類史博物館で、国内最多の来場者数を誇る、最も人気の高い博物館である。ケベック州・ガティノーのハル地区にあり、オンタリオ州・オタワのカナダ国会議事堂から、オタワ川を隔てた真向かいに位置する。博物館...
Wikipedia Today's Photo: August 28, 2012
『カステッロ図』とは、マンハッタン島のオランダ人入植地・ニューアムステルダムを描いた地図で、その地が後にニューヨーク市となった。もともとはジャック·コーテルユーが1660年に作成した地図で、コジモ3世・デ・メディチのコレクション...
Wikipedia Today's Photo: August 27, 2012
米アリゾナ州の化石の森国立公園にある『ザ・ティーピーズ(アメリカインディアンのテント)』と呼ばれる岩石層。敷地内の大量の珪化木(木の化石)に因んで名付けられたこの公園は、面積が146平方マイル(380平方キロ)あり、半砂漠の低木大草原...
Wikipedia Today's Photo: August 26, 2012
ヨーロッパ南部および南東部を原産とするイタリアン・ウォール・リザード。その名が示す通り、イタリア南部に最も多く生息している。急速に進化しやすい種として知られており、1971年に、Pod Mrčaruにあるクロアチアの島に、近隣の島から10匹の成...
Wikipedia Today's Photo: August 25, 2012
巻貝科に属する海産巻貝の一種、サソリガイの貝殻の外側と内側。インド洋西部に生息し、全長70ミリから205ミリ(2.8~8.1インチ)程になる。
Wikipedia Today's Photo: August 24, 2012
雛にスズメバチを与えているウスズミモリツバメ。オーストラリアの東部や南部に生息し、中型でツバメに似ているが、実際にはツバメとの関連性はない。雑食性で、昆虫や様々な木の葉、花蜜などを餌とする。
Wikipedia Today's Photo: August 23, 2012
様々なイソギンチャクが描かれた1893年の印画。イソギンチャクは水中に生息する捕食動物で、その名は陸生の花、アネモネに由来する。刺胞動物であるイソギンチャクは、サンゴやクラゲ、ハナギンチャク、ヒドラの近縁種である。幾つか浮遊性の種も...
Wikipedia Today's Photo: August 22, 2012
リッチモンド伯爵及びダービー伯爵の妻、マーガレット・ボーフォートは、イングランド王ヘンリー7世の母で、ヘンリー8世の父方の祖母。薔薇戦争の重要人物であった彼女は、チューダー家の有力な女家長で、ケンブリッジにある2つの大学の女性創始者...
Wikipedia Today's Photo: August 21, 2012
小屋を解体し、新たな牧草地に移動する準備をしているコイコイ族を描いた絵。コイコイ族は南西アフリカの原住民で、サン人(ブッシュマン)と近縁の人種である。最大のナマ族を除き、コイコイ族の殆どは、集団としてはほぼ消滅している。
Wikipedia Today's Photo: August 20, 2012
スコットランド高地西部のデュイッホ湖に浮かぶ小さな島、エイリーン・ドナンにある城。13世紀に建てられ、18世紀に破壊されたこの城は、多数の写真の他、映画やテレビにもよく登場していることから、広く親しまれている。現在の建物は20世紀に再...
Wikipedia Today's Photo: August 18, 2012
ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST) に設置されている六枚のベリリウム鏡。アラバマ州ハンツビルにあるNASAマーシャル宇宙飛行センターで一連の極低温試験が実施されている。JWSTは、今後打ち上げが予定されている宇宙望遠鏡で、20カ国の共同事...
Wikipedia Today's Photo: August 19, 2012
オーストラリア・タスマニア州固有の開花植物の一種、リケア・スコパリア。小型の丸みを帯びた低木で、根元から枝を出し、高さ2メートル(6.6フィート)になる。触ると刺があるので、通り抜けられない茂みになっていることも少なくない。枝は、硬...
Wikipedia Today's Photo: August 17, 2014
発光ワサビタケはよく見られる一般的な菌類の一種で、分布域が広く、朽ちかけた落葉樹に生えている。中でもブナやオーク、白樺の朽木に生育していることが多い。場所によっては生物発光を起こすことがあり、こうした種の子実体は、生えて間もない...
ファイルプロパティ

使用許諾条件
ファイル情報
あなただけがこのファイルを閲覧・編集できます。
みんながこのファイルを閲覧できますが、
編集ができるのはあなただけです。
あなたに加えて、指定された人やグループが
このファイルを自由に閲覧・編集できます。
公開設定
編集設定
グループ:0組 翻訳者:0人
    
アクセス属性
この文書は「非公開」設定になっています。
一般公開する場合は、編集ページの書誌情報で「公開」設定に変更して下さい。
翻訳者選択

※メニュー「翻訳者管理」で翻訳者、グループを追加することができます。


    
ノート

非公開ノート
0 / 2000 ※「公開・編集」権限を持つ翻訳者のみに公開されます。
公開ノート
0 / 2000 ※文書を「公開」にした場合、一般に公開されます。

言語選択

 →