yasukazu

yasukazu

カレンダー

リファレンス

first-time visitors
user guide
謝辞

「みんなの翻訳」は情報通信研究機構言語翻訳グループ東京大学図書館情報学研究室による共同プロジェクトであり、三省堂国立情報学研究所連想情報学研究開発センターが開発に協力しています。三省堂には「グランドコンサイス英和辞典(36万項目収録)」の使用を許可していただきました。

連携研究グループはこちらをご覧ください。

「みんなの翻訳」を使っている翻訳グループについてはこちらをご覧ください。

バナー

logo

ポスター

poster

フライヤー

poster poster
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
本サイトはブラウザ「Mozilla Firefox」推奨です。
Firefox3で動作確認しています。

Valid XHTML 1.0 Transitional

site_image
Diplomacy of Conscience[Chapter 1]Amnesty International and Changing Human Rights Norms / Ann Marie Clark
https://press.princeton.edu/titles/7089.html
yasukazu yasukazu (yasukazu@ai20jp)    最終更新:2018-02-21 17:32:17    PDF


第1章

国際政治の中のアムネスティ・インターナショナル

小さな個々人の集まりがアムネスティ・インターナショナル(AI)を1961年に設立した:人権原則を現実の行動に転化するために。彼らは他の人々を彼らに参加するよう招いた:多くの国で、自分の信念を表明したため刑務所にいた人々 の解放を訴えるために。
AI は、個々の殺された人・拷問された又は政治的な理由のために投獄された人々の苦しみに対して密接に精通するようになり、そして徐々に国際的なレベルで法律や世論の圧力を通してより良い一般的な人権保護に仕え始めた。

 各国政府はその統治権を油断なく防御してきた。AIは その仕事を より良い人権法のために始めたが、それは影響を及ぼそうと試みていた国家らの地位と資源の欠落した部外者のような役割を演じた。(国家に期待される振舞いの標準そして国際機関に明言された)国際基準の基本的な変化を引き起こす提唱を請け負うことはAIのような第三者にとっては想像できないほど野心的なことだった。

 アムネスティ・インターナショナルがその公開キャンペーンを始めたとき、各国家が人権侵害に対して責任を持つことに国家の共同体はほとんど何の意欲も提示しなかった。国際連合(国連)が核となる人権原則を世界人権宣言(UDHR)の形で1948年に取り決めたが、宣言を草稿してさえ、国連人権委員会を作り上げた政府の代表たちは特定の人権に対する不満に対して採決する力を持たない決まりにした。国家は国連が内部での出来事を詮索することを認めなかった、特に潜在的に不都合な人権侵害を。多国間協定に関わる交渉は、国際的な法的強制力を冷戦の間に泥沼化した普遍宣言の原則に与えるはずだった。人権原則に命を与える実用的な方法は雄弁の遠く後ろに遅れた。

 されども、1961年以来、国際人権討論のための全体の前後関係は変わった。1960年代の弱い人権基準と対照的に、今やアムネスティの、基準を設立し人権原則に対する首尾一貫した態度を引き出す努力の実を指さすことが可能になった。数多くの条約と監視する仕組みが実現されている。毎年、国連本体は国家および人権状態を国別に点数付けする非政府組織からの報告を受け取る。特別な国連報告担当官、国連のための(観察と人権侵害への申し立て調査に責任のある)個人は問題のある国に割り当てられうる。そして他の特別な報告担当官は拷問のような深刻な人権侵害の特定の分野の全世界的な報告を調査するよう権限を与えられる。人権標準は今、平和を保つ同意と多くの多国間協定の型式に組み込まれている。多くの政府が彼らが公式に支持した主義の実際的な観察にまだ抵抗するということは疑いないが、国際的な文脈の人権クレームの法的強制力はここ数十年間、明確により強くなった。私たちが国際的な干渉に国家の感受性について知っているものがあるとすれば、それはアムネスティ・インターナショナルの元法律顧問と拷問に関する現在の国連特別報告者であるナイジェル・ロッドレイの鮮明なせりふにある:「なぜ国家らが私たちに彼らを鞭打つこれらの鞭を与えるだろうか?」。

 本当に、倫理原理に基づく基準の出現はあるべきほどには十分に理解されない、ただし研究家と実務家は、権利擁護グループはとどまるべき国際的な場面の上にあると認識しているが。国際的な基準がどのように人権原則に基づいて構築されたかという徹底的な理解は、経験的かつ理論的注目をそのような変化を主唱した人権組織に捧げることを必要とする。

 基準の出現を説明するために、私たちもこれらの行為者の特質と国際的な文脈についてより多くを理解する必要がある。アムネスティ・インターナショナル(AI)は人権に関する国際標準あるいは基準の創設の先駆者だった。AIの人権侵害に関する報告を通じて、その組織(AI)は、より強い人権を保障される人々のための要求を認識し識別する例外的立場に置かれた。アムネスティが設立された時、国際的「人権」体制、あるいは規則の複合体は、私たちが現在知っているように、存在しなかった-そしてその一つを期待するよい理由がなかった。

 概して、政府らはそれらの作法を変えるようには見えなかった;それどころか私たちはさらなる国際的制約を政府の振舞いの中に目撃した。政府らの人権原則への尊重の欠如にもかかわらず、アムネスティ・インターナショナルといくつかの他の民間組織(NGO)たちは、より深くてより拘束力のある保障を迫った。アムネスティ・インターナショナルは国際人権原則と慣習との隙間を公表する技術を作り出した。以前は誰もその緊急で--かつ公共の--作業を請け負うことを立案しなかった。

 今日私たちが人権法の一部として認識する基準はその大部分がアムネスティ・インターナショナルと数少ない他の非政府組織たちが鍵となる参加者であったプロセスを通して創成された。基準は以下のものを含む: 中核となる条約群、政府間の監視および問い合わせの仕組み、人権の実施のための公式のガイドライン、そして恐らく最も重要なものは、主権の不干渉の原則が国際的な批判に対してどれだけ国家らに権利を与えるかの部分的に変更された意見の一致。成熟した国際基準の明らかな特性としてそれらが行動の基準として役目を果たす限りは、基準の出現は漸増する工程だ。それらが出現するに従って、基準は様々な動機を持つ異なる行為者らにより異なる方法で競われた。この本はどのように[拷問、失踪、政治的殺害]を取り扱うその様な基準が出現したか、そしてアムネスティ・インターナショナルの他に例のない歴史的かつ理論的立場を研究したものである(他のNGOたちの出現についても補足している)。

アムネスティ・インターナショナルの始まり

 アムネスティ・インターナショナルは壮大な発想と最少の構成資源の上に創立された。1961年の5月に、ロンドンの法律家ピーター・ベネンソンは情熱のこもった新聞の論説を発行した: それは様々な政治的状況の国々の、全て非暴力で彼らの政治的あるいは宗教的な信仰のために投獄された6人の「忘れられた囚人たち」を記述したものだった。ベネンソンは法律家だったにもかかわらず、彼は人権侵害に対する国際的な法律上の対処策をあまり信頼していなかった。彼が代わりに期待したのは、非暴力的に抱いた信念のために囚人が被る非正義に対する国際的な激しい非難が彼らを釈放するよう各政府に圧力をかける方法だ。ベネンソンはそれ故に直接公共に訴えることを決意した。

 ベネンソンの論説は、国際連合の世界人権宣言の鳴り響く言葉と、誰かが「収監された、拷問された、あるいは処刑された:なぜならば彼の意見や宗教が彼の政府に受け入れがたかったから」[^4]という窮状との対比に 脚光を当てた。しかし彼は囚人たちの状況を公表するだけでは止めなかった。代わりに、彼は読者を招いた:彼の事務所に連絡し、よりよく知り、記事に名付けられた「良心の囚人」を釈放するよう督促する手紙を書くように。ベネンソンは新聞でのアピールを組織したところだった:ルイス・ブルームクーパー(よく知られた弁護士で彼はまたロンドン・オブザーバー紙に法律に関するコラムを書いていた)とエリック・ベーカー(クエーカー派学識者で英国世界平和協議会の秘書を務めていた)の助けを借りて。[^5]

彼らの助けと共に、そして他のボランティアの助けと共に、最初のキャンペーンは他の国々へ広まり、より多くの囚人たちに関わるように拡張した。ベネンソンの記事は発行された:パリで、ボンで、ニューヨークでそして世界中の「数百の新聞」に、キャンペーンの最初の数週間で。1年後にアムネスティ・インターナショナルは英国の慈善団体として登録され、その最初の年次報告書を発行した。そして(6ケ国の地域コミュニティで)70の囚人担当グループ例会を集計した:総数が210の活動中の良心の囚人ケースで。最初の担当グループは大多数が英国に拠点を置くものだった。他にはオーストラリア、アイルランド、ノルウェー、スイスとスウェーデンがあった。1963年と1964年まで、アムネスティの仕事は実りのあるものと見えた:釈放された囚人がアイルランド、東ドイツ、そして他の国々にあった。[^8]

アムネスティ中央事務局の職員とボランティアは最初は新聞から政治的逮捕についての情報を拾い集めた。彼らは本当であると確認された良心の囚人のケースを担当グループに割り当てたものだった。グループメンバーは定期的に権威ある宛先に手紙を書くために集まり、囚人のための人道的処遇と釈放を希求した。AI司令部がもたらした情報の基盤により、グループらはまた他の手順らを請け負った:公報を発生させ資金を得ることで彼らの担当する囚人の助けにするような。しばしば、彼らは囚人の家族との接触を確立した:精神的な時には物質的援助を申し出ることで。それが囚人または囚人の家族を危険にさらすのでないであろう場合は、彼らはまた担当する囚人に直接手紙を書いた。その最初の年次報告に、アムネスティは独創的な慣行を擁護した:「公開して囚人に手紙を書く」:「たとえ手紙が没収され決して届かなくても[囚人に]、それは政府か刑務所の権威に開かれるだろう。その男か女が関わったことが忘れられなかったことの現実化は しばしば結果的には囚人がより良い扱いと彼の状態の改善を受け取ることとなった。」[^9]

 理想主義よりも実用主義に、アムネスティの創設者は励んだ: 誠実のために人権原則への、政治的公平無私のために、そして個々のケースらの事実の知識のために。アムネスティは(国際連合のような政府間の組織の)国際的な出来事には部外者だった:資源と国家の外交上の立場が欠如し、大きさと権威も同様に、あるにしても限られていた。それにもかかわらず、自信ある決断力はその組織の問題の取り上げ方に浸透した。

何が国連で達成されうるかの懐疑主義のためのよい理由にもかかわらず、冷戦のかきねの高さで、駆け出しのアムネスティ・インターナショナルは探求しそしてNGO諮問機関の地位を、1964年に国連経済社会委員会(ECOSOC)で受け取った。諮問機関の地位はNGO監視者特権と国連文書と外交事務所へのアクセス権を与えた、しかしNGOらは当時ほとんど何も独立した声を国連の続行に持たなかった。国連が人権拡大のための討論の場であることにベネンソン自身は懐疑的だった。彼は国連のアムネスティの最初の仕事の重要性を軽視した。冗談を「何か他にあるとしたら、国連諮問機関の地位が公的な重要性をごく小さな組織のレターヘッド(便箋の上にある印)に加えただけだ。」と。[^10]

 その最初の十年くらい、アムネスティは国際連合に主にボランティアを通して問題を取り上げた。その最も初期のボランティアらはただの素人ではなかった、しかしながら。ジュネーブでの国連人権委員会の席で、アイルランド人の外交官で法律専門家であるシーン・マクブライドは連絡機構の役割と諮問の地位の初期の時期にあったアムネスティのための内部の「耳」を果たした。ボランティアの立場で、1963年から1974年まで、マクブライドはアムネスティ・インターナショナルの主要執行部{国際執行委員会(IEC):8人のAIメンバーらと一人の選抜されたAI職員メンバーから構成される}の活発なメンバーだった。職業としては、1963年から1970年までマクブライドは国際法律家委員会(ICJ)の事務総長だった。彼のICJと国際赤十字委員会(ICRC)の内部での連絡は、またジュネーブを本拠地とした、その小さな、本質的に活動家の組織と国連での確立された諮問機関のNGOらとの間の情報交換を促進した。マクブライドは先鋒となって、国連の1968年のテヘランでの人権に関する国際会議を見越して人権NGOの連合を創立した、そこで彼はアムネスティの代表でもあった。人権NGOの連合は国連での諮問機関地位のNGO協議会(CONGO)において恒久的な小委員会になった。

 アムネスティの早い時期のニューヨークでの代表~ECOSOCと国連総会での~は最初は希薄な意見だった。最初の年の間AIが国連諮問機関の地位を達成したのち、デンマークのAI支部のメンバーはその代表に指定された。この段階では、AIは国連代議員団からごく少ししか要求しなかった、そしてUNはごく少ししかNGOらに求めなかった。アムネスティ・インターナショナルの権利擁護活動は真っ向から個々の良心の囚人ケースに焦点を当てた、そして主にAIメンバーと囚人を釈放できる政府権威者との間の往復書簡に信頼を寄せた。その時点では、赤十字のための国際委員会は政府に政治的収監問題を活発に相談した、一方アムネスティはそれ自体をより独立した「運動」として見ていた。これらの理由によって、アムネスティ・インターナショナルは良心の囚人のためのその仕事に対して国連を重大なものとして考察する理由を少ししか持っていなかった。1960年代の半ばに、アムネスティ・インターナショナル米国課は国家事務局をニューヨークに設立した、そして1960年代の半ばからの通常の監視と連絡業務を当面は1人体制の米国課事務職員とボランティアの任命された人そして時おり訪問するロンドンの職員に委任した。当座の配置はAIがその代表を職業化した1970年代半ばまで続いた。アムネスティの拷問の問題に取り組む決定{3章に記述されている}は組織に次のように促した: 国連での一般の人権問題に対して、個々の囚人の救護と同様に、より集中的に作業を始めるようにと。拡大した活動の対象はアムネスティの任務と組織の構造の拡大を引き起こした。より善い人権基準を国際的に推し進めるため、組織は 法務部を 国際事務局の中に設け、その最初の法律顧問を雇った: その人物は国際法律家ナイジェル・ロドリー、1973年のことだった。

 ニューヨークで、アンドリュー・ブレーン、そのころハンター大学でロシア歴史の教授だった、は ニューヨーク国連連絡員を自発的な仕事として割り当てられた: それは彼が1974年に アムネスティの国際執行部委員会(IEC)のメンバーとして選出される要件の一部となった 。IECは当時密接に国際事務局と共に仕事をしていた: アムネスティが拷問に関する仕事の一部として定めていた目標に向かって継続して行うように。ブレーンは即座に彼は助けを必要とするだろうと実感した 。そして1975年に彼は(若い英国人でちょうど国際関係とロシアについての修士課程を卒業したばかりの)マーゴ・ピケンを彼のために 働きに来るよう説得した: 一部の時間は 彼の学術的調査をやり一部の時間は国連連絡任務をやるように。ブレーンは詳述する:ピケンの彼の仕事にとっての「贈り物」はそんなものだった、彼女の給与を支払う一方で、彼はすぐに人権原因への彼女の時間における彼の個人的な苦情を明け渡した。ピケンは店を設営した: ブレーンのグリニッジ・ビレッジにあるテラスハウスの地階に、鉄とガラスの国連複合施設の絵のような通り区画の南西に。依然としてその家に住みながらブレーンは狭苦しい空間をAIの最初の「国連事務所」としてみなす。ピケンは実は時々その仕事で働いていたけれども、彼女は以前は雇われていた アムネスティの国際事務局により1977年に その最初の職業的国連連絡員として国連で、そして彼女は残った その職位に次の十年の間。

 この背景は描写する 事実を 国連の議題もアムネスティの自身の職務も集中的に方向づけられていた 人権のための一般的な国際規準設立に アムネスティ・インターナショナルが形成されたとき。AIがまさに始めた圧力をかける国連に、私が見せるであろう引き続く章のように、圧力はめったに歓迎されなかった。米国議会とは違って、例えば、関係のあるグループらが定期的に議会メンバーらに陳情し証言を申し出るところで、国連は公共の需要を処理するように設定されていなかった。マーゴ・ピケンが国連に到着した時、ほとんどの政府の外交官らはアムネスティに「話したがらなかった」 けれども、彼らはより接近して傾聴し始めた 彼女の1980年代半ばの在職期間の終わりには。[^15]

国際政治の中のNGOたち

 アムネスティは多くの技法を編み出した; それらは今では国際NGOたちの共通する蓄えである。その調査と監視活動とその公共の会員資格は、その努力が国連を通して基準の創生に影響を与えることを合法化した。これらの活動は1970年代初期に始まった;そのころ公式の基準を連結する工程へのNGOの参与は例外的だった。政府らからの出入り手段を維持するにしても、あるいは距離を整備するにしても、アムネスティはめったに基準の起案活動における参加を公表しなかった そして決して苦情を申し立てなかった 特定の起案する表現の作者であることに。しかしNGOたちと政府らの異なる視点、そして頻繁に各々の協働するための彼らの決定に固有である目的が分岐することは、今では当然のことと思われる。1996年にあった偶然の会話で、一人の国連人権センターの10年職員は気づいた 「国連起案での非政府組織参加はいつも影響を及ぼす」、一例を挙げて 子どもの権利条約、それは最近に署名に向かって開かれていた、一連の他の人権発案と同様にして NGOたちが政府の代表らと共に参加する努力の例として。しかしながら、新たな法的基準の創成とNGOたちの参加のどちらも 国連の創立後数十年まで、決まった手順ではなかった。双方が人権のように感受性の高い領域で専門家らにより暗黙に受け入れられた事実は著しい変化を印づける。

 アムネスティで最も重要なのは、開発し「実地試験した」こと: 直接の手紙書きネットワークと他の、国境を越える抗議キャンペーンの戦術を; その戦術を多くの他の国境を越える活動家たちが今、使う 政府らと事業らに対して、環境・労働慣行そして他の原因のために。アムネスティのように、他のNGOたちは今、それらのような戦術を組み合わせる; 人道的関心事における新たな国際的な法律上の基準を開発する努力と共に。地雷廃止国際キャンペーンが最近、地雷による被害の報告書から真に迫った国際協定の策定へと移行した速度と、その1997年オタワでの署名は「キャンペーン」活動の前進と説明できる。このキャンペーンにアムネスティは参加しなかったが、「今、試みられて真実」戦術に依存した それはアムネスティが国際的スケールに成長するのを助けてきた多くのもの: 広報、世界中からの市民支持の先導、音楽コンサート、そして有名人らの出演といった、全て変化する公式の政府政策らと国際法に向けて方向づけられた。キャンペーンの創始者であるジョディ・ウィリアムズは説明した:「60の国らの千のNGOたち」と、多くが関わった 犠牲者の援助に、キャンペーンした地雷に反対して 条約のための政治的キャンペーンの前に;「しかし、キャンペーンは基本的に信じられている 私たちは新しい基準を確立しなければならないと…私たちは使用を止めたいと欲し、私たちは兵器庫にある1億個の地雷が破壊されることを見たいと欲した…政治的な廃止はリンチピン(車輪を軸に止めるくさび)だった。」今では条約は達成されたとウィリアムズは言及した、キャンペーンの次の段階は新しい基準のより広い採択と施行となるだろう。集合的には、NGOたちは市民からの国境を越えた圧力を用いて広大な経験を獲得した: それは様々な関心領域における政府の慣行の規約に影響した。学者たちは観察してきた;そのような技法の現在頻繁な使用は国境を越えた社会活動の質的な変化を示すことを。

 確かに、アムネスティが創立されてから人権団体の数は大いに拡大した;しかしアムネスティの公共の国際会員と国境を越えた活動主義の組み合わせは人権に関わる非政府組織らの中で唯一のものである。草の根会員を持つNGOたちの中で、国際反奴隷制(以前は反奴隷制協会)だけがより古い。アムネスティの前に創設された非草の根グループの中で、国際赤十字協会は1864年以来ジュネーブ協定の下で刑務所状況を監視してきたが公共の会員を持っていなかった、そして、いくつかの例外はあるが、「通常は、何をその代理人が目撃したか詳細を公開しなかった」。1952年に創設された国際法律家委員会は、専門家の会員と共に活動し、主に国際的な法律のルールに関連した法的問題に集中する、ただし、その団体方針は今では「強さ、無所属、人権志向」を包含するが。人権監視団(ヒューマン・ライツ・ウォッチ)は今は国際人権団体の仲間の著名な一員だが、1978年のヘルシンキ監視団に始まる米国での地域的な「監視委員会」として、より遅く創設された。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、以前よりも国際規約へのプログラムに基づいた注視に力を入れることを決定した1994年まで国連事務所を開設しなかった。

 初期のアムネスティ・インターナショナル指導者らはICRC(国際赤十字協会)とICJ(国際法律家委員会)の双方から学び双方と共に仕事した、しかし彼らの注目先と方法は違うものだった。アムネスティは今、多くのプロジェクトをICJとニューヨーク拠点人権監視団のような他のより新しいNGOたちと共に協働する;そしてほとんどのNGOたちはそれらの違いを絶対的で相補的であると見る。アムネスティ・インターナショナルだけが、しかしながら、完全な公共で無所属の人権擁護への関心を一貫して維持してきた;現今国際的に現役の新たな人権基準の複合体を立ち上げた時代にわたって。

NGOたちと基準の出現
 NGOたちが上に要約された今では人気のある幾つかの技法を用いて駆り立てられた基準の立案者であった一方、純然たる努力は成功を保証しなかった。「新しい」基準は多くの感受性の高い国際主題領域に出現しているが、私たちは確立した基準出現の理論を持たない。基準が国際関係らで問題とする論題は大量の調査を産んできたが、国際基準がどこから来ていかに生じてきたかは徹底的に探索されてこなかった、この研究が続く各章でするようには。 人権の発案は国家統治権に挑戦する: 政府による残酷あるいは恣意的な扱いから個々の市民のために保護の国際標準を課することで。もし私たちが、他の国家を考慮しつつ権力を求める行為者であると国家を見なすならば、なぜ政府は国際レベルでの人権を認定しそして保護し始めたのか?人権の関心事は、基準出現の研究にとって挑戦的で潜在的に実りあるケースを提示する。 人権基準は社会的期待である それは正式の国際法的手段の中で幾らかの度合に成文化してきた。この研究の中で私は「原則化した基準」という句を使う それは人権の基準のように、正しさと過ちの信念のために基礎を置いた基準に言及するときに。人権基準は社会的で法的な標準であり、西洋の普遍的な人間尊重の進歩的な概念に根ざした道義上の信念が、国連の1948年の世界人権宣言に明言されたように、どのように振舞いを導くべきかを詳細に表すものである。基準はより詳細に次の章で議論されている。 拷問、失踪そして超法規的処刑の国際的な法的基準の発達について追跡調査する事例研究において、アムネスティ・インターナショナルは重大な役割を演ずる。その人権基準に影響を与える能力は委ねられている 3つの特徴的な特質に: それは人権の倫理原則への忠誠における行動に基礎を置く; それは国際システム中の公平無私で自律的な「第三の」行為者として地位を開拓する; そしてそれは展開する 基準の要求についての全般的な主張の服務の中での専門的で大量の特定の情報を。私は論ずる これらの特有の特質は合法性を貸し付けてきた アムネスティ・インターナショナルに 国際システムの中で そして可能とした 他のNGOたちのモデルとして仕えることを。各々の特質は、NGOたちが国際政治に影響を及ぼそうと努めるような実用的な機能を供給する; より利己的な行為者が口約束にだけ支払いかねない倫理原則の代わりの国際政治に。
1.5 Key Attributes Of The Principled NGO:原則に基づくNGOの主要な特質 国際連合でNGOたちが活動的になる前、アムネスティ・インターナショナルは それ自身の役目を全世界的行為者として即行した: 人権に関する国際的監督から長く避難された国家らの自由に挑戦することで。原則への忠誠の特質、政治的不偏そして事実への注目 それらはピーター・ベネンソンのアムネスティへの構想の一部だった、しかしそれらは延長された寿命を引き受けた 会員により運営された組織が 人権被害者のための手続き上そして制度上の保護を鼓舞する方法を探求したとき。下に私は記述する どのように それらの3つの特質が発達したか そして形成したか NGOの、原則に基づく国際基準の出現に貢献する能力のための基礎を。この進化は格別に明白だった アムネスティの開始後、最初の数十年に。1.6 Loyalty to Principle:原理への忠誠 ベネンソンの元来の「アムネスティのためのアピール」は「どこに現れようと、誰に責任があろうと、あるいは抑圧された考えがどんなものであろうと、あらゆる迫害を非難」したがっていた参加者を探求した。大衆への彼のアピールは核となる国連文書に現れる人権原則に基づいていた。ベネンソンと彼の同僚らは疑いなく倫理原則を彼ら自身の報いと考えていた一方、そのような原則への忠誠はその実用的な効果を持っていた。人権基準の出現に影響する努力にとって最も重要なことは、アムネスティの原則への忠誠が組織の公開メッセージの明快さを拡張したこと; 国家にとって無視することを難しくしながら、そして忠誠と見物人の尊敬を呼び起こしながら。 アムネスティ・インターナショナルはその原則への忠誠を早く確立した、「良心の囚人」に焦点を当てて;「良心の囚人」という用語はアムネスティの創始者たちが編み出した:「彼が正直に持つ何かの(個人的な暴力を提唱したり容赦したりしない)意見を(どんな形の言葉や記号によっても)表現することで(収監や他の方法で)物理的に拘束されているいかなる人」に言及するために。最初から、アムネスティは普遍的、原則に基づいた用語として誰にそれが適用されるか定義した。 言論と良心の自由の原則は、全ての国連加入国家により受け入れられた世界人権宣言の中に納められている。アムネスティの国際的に支持された原則への信頼は顕著だった: その頃、人権は日常の言葉から遠いものだった。ベネンソンの最初の被雇用者の一人、ステファニー・グラントは言った:その語句、人権「は実際には使われなかった」彼女が1966年にアムネスティのスタッフに参加したとき。グラント(AIの国際調査プログラムを形作るのを助けた そしてやがて調査主席になった 彼女の10年のAI首脳部での仕事の中で)は大学を卒業したばかりだった ベネンソンが彼女を雇ったとき 報告書を書かせるために 刑務所の状態についての 南アフリカとルーマニアの。人々は考えた アムネスティ・インターナショナルを「養子縁組の組織」だと そのころ。それは「とても、とても遠い昔」、彼女は1996に論評した、「そして そのとき『人権の仕事』のようなことは本当になかった」。 難攻不落の人権原則は盾の一種をアムネスティ・インターナショナルに与えた、政治的な整合性を配慮しない独立した行動を推進することを可能たらしめながら。囚人の宗教、性別、人種、年齢、あるいは政治的信念に関係なく人間の尊厳に敬意を払うことはベネンソンにとって最も大事なことだった。その原則はアムネスティにとって中心的教義になった その後の、国際人権基準を開発し補強する努力において 国際連合の内部で。1.7 Independence and Impartiality:独立と公平無私 第2の重要な組織の特質は、その政治的不偏を保つことへの意識的な努力だった;その方法としてまず、政治的質問に立場を表明しないこと、次に、あらゆる型の政府の下に生活する個々人の権利のために仕事すること。必然的に、アムネスティの不偏の人権原則の唱道は公然と政府らを批判することを導いた、同時にそれは虐待の個々のケースを考慮しながら権威の耳を得ることを欲した。もし組織が自身の力を最大化しようと探求していたならば推奨されない方針であろうが、それはアムネスティ・インターナショナルの国家にわたる影響力の重要な構成要素であった。 政府の人権記録の公表された批判は、国家やアムネスティの始まりのときのNGOたちにとって、受け入れられない外交慣習だった。国際連合では、例えば人権委員会の議事録の中で、政府らは互いに名指しで批判すべきでないと外交慣習は指示した。顧問の地位にあるNGOらは明記された決まりと言外の期待により、さらに一層制限されている。 反奴隷協会の経験は国連でのNGOの自治権への伝統的制限の落とし穴を例示する。人権を支援する伝統的なNGOの技術に呼応して、反奴隷協会は1946年から1966年に原則の上に実施した: それは奴隷を終わらせるために公表しないであろうと「政府のそして国際的な協力を確保することに望みを持って」。その自由裁量での努力にもかかわらず政府の遵守の遅れに落胆させられて、反奴隷協会は次第に自ら課した機密保持の終了を宣言した;その公衆の支持もまた方針の結果として影響を受けたと記しながら。その1968年の国連への報告に、協会は短評した それは「苦く失望させられた」ことだったと そして報告書の出版をその唯一の選択権として見た。対照的に、アムネスティ・インターナショナルの公開する批判対処策は打開を見せた:最初から、ポスト第2次世界大戦標準と共に 顧問の地位にある国連の非政府組織のふるまいにとって。最初の諮問の地位にあるNGOらは(彼らの活動主義において、幾つかの今日主導している人権、女性の、あるいは環境の組織ほどには)全地球的でなかったけれども、その成立時から国連に関連付けられたほとんどのNGOらは表明した 似たような忠誠を その上において国連が創設された、民主的な、普遍主義者の理想への。こうして、それは予測可能だった: 人権の達成への 多く誇張し漸増させる方針が 非政府の権利擁護を失望させ挫折させるであろうことは。アムネスティの外交手順からの脱出は人権の理想への誠実さにより動機づけられた、理想は飛んでいた 国家らの賛成する見かけの中を それは国家ら自身が制するべきだった どのように そして いつ人権約束が満たされるべきか。ベネンソンと彼の賛同者らは強調した 自己規律された 政治的均衡を グループの囚人担当努力の中に。事実として、メンバーらは同郷の市民らのために仕事することを許されなかった: 彼らは国境を越えた投書に専念しなければならなかった。自身の国の囚人らのために仕事することに反対するルールは考えられた: AIメンバーらと 彼らが嘆願した人々のケースの どちらも 保護するために 不偏であることの能力を高める間。さらに、アムネスティの自身のルール「三ら」によると、各担当グループは割り当てられた 一人の囚人に 各々の世界三宗教から 対応しながら 政治体制の範囲に: 東、西、そして第三世界。後の数年に、担当グループの数が増加するに従い、政治的収監は道を譲った あるいは 伴われた 多くの国々での他の人権侵害の形式に。アムネスティ・インターナショナルがその様な変化に対応するためには、「三ら」ルールは同じ様には実現化できなかった。組織は続けた 奮闘を 「政治に無関係な」と呼ばれたものであるよう、それは、すべての状況と宗教を 公平に  注意深く定義された人権指令に従って、その目的の状態を分析する。より広い政治的文脈 1960年代の高く満たされた冷戦環境で、そんな普遍性は特に深く関わりがあった。AIは定義した そのゴールを 政治的に普遍な支持を表現するために仕事することと それら収監された人々への 彼らの信条のため、ゴールは テストされ明確化された アムネスティの組織としての一生で早期のできごとにより。1964年に起こった(アフリカ国民議会のリーダーであるネルソン・マンデラ氏を、良心の囚人として後援するかどうか)論争が、アムネスティの不偏性と非暴力の原則への忠誠の両方に試練を与えた。なぜならマンデラ氏は暴力はアパルトヘイトに対抗する正当化しうる最後の手段だったと維持したから、アムネスティは採択できないと決定した: その傑出した反アパルトヘイト活動家を、「世界的人気のある同情」があろうとも。暴力を使ったか唱道した場合に良心の囚人の地位を拒否する基本方針は、良心の囚人を選択する共通の基準を維持した; 組織を広くわたった会員に開くことを保った、イデオロギー問題に中立性の水準を維持する過程で。「大部分のメンバーらは恐らく考慮するかもしれない 個々人として 暴力的行動が唯一の解決策である状況もあると けれども、全会員は同意しないだろう それらの状況が何であろうとも」:AIの声明によると。アムネスティの政府らからの独立は、 最初から印づけた そして 熟慮された けれども、 部分的に固められたのでもあった  経験の試練を通して。アムネスティは明らかにする今日それは政府らと安売りされなかったと。しかしながら、隔離された論評 初期の年次報告書の中の は示唆する: アムネスティの指導者らは議論した 可能性を 政府との選択された機密の通信は 囚人らに利益があるかもしれないと。1963年の組織の2番目の年次会議で、シーン・マクブライドは、赤十字国際委員会(ICJ)の慣例を引き合いに出し、強調した: 状況が正当化されたときの政府との機密の交渉の重要性を 。しかしながら、組織はすぐに接合した あいまいでない基本方針を{政府との私的な交渉を導くことと 政府の資金を受けることの双方を拒否すること}、それはうまくいった AIとICJが応じたとき 困難ある陳述の連続に  1966年と 1967年に。 最初、内部の争いがあった 罪を免れないアムネスティ・インターナショナルの報告に関して イギリスの植民地だったアデン(今のイエメン)でのイギリスの拷問の使用についての。ベネンソンは、この時点で、引き渡した アムネスティの日々の作戦を。彼の厳選した後継者、ロバート・スワンの下、その報告は出すのを禁じられた。ベネンソンは、健康状態が悪くもあり、疑ったアムネスティの政府介入を そして その報告を出版したイギリス国外で AIの公式な認可なしで。つぎに、ベネンソン自身は告発されていた 混合していると あるAIのローデシアへの任務 をイギリス政府の事業と。2つの状況での事実と真意説明条項は 公開された記録には決して完全に振り分けられなかった; アムネスティ・インターナショナルは、記録が伏せられていた人の詳細な内部研究を成し遂げたけれども。3つ目、関連しない報告群が現れた 米国報道に 国際赤十字委員会(ICJ)が金銭を日常的に受け取っていたこと 情報源から 隠れみのを演じながら 米国国家情報局(CIA)のために。政治的攻撃が広がった 国連内のNGOらに 告発の下 イデオロギー偏見のある、それは即答した 再編を NGO諮問の地位の そして 事例ケース個々別々の1967年に始まる再調査 諮問機関NGOら 国際連合経済社会理事会(ECOSOC)内の。NGOらの独立性は一般に、アムネスティの名声とその組織のベネンソン、マクブライドそしてICJとの関係と同様に、集中砲火の下にあるように見えた。 ベネンソンは辞職したアムネスティの代表職を そして その組織内部の活動的な主導を 1967年に停止した、よい関係は時間がたって回復したが。スワンは尋ねられた:無期限の不在の去ることを、そしてアムネスティの共同創始者エリック・ベーカーが しばらくの間 事務局長の役目に踏み入れた。マクブライドはAIの国際執行委員会長として残った。AIの 独立と不偏の原則へ公約は かくして 確認されたように見える 経験の試行により。ベネンソンは引き続き主張した アムネスティ・インターナショナルの国際事務局は 「中立の」国に移るべきと 何かの政治的偏向の出現を避けるために。アムネスティは引き出した困難を 完全に、しかし新たな自覚と共に 重要さへの 非の打ち所がない 公平無私とプロ根性 その追及の中。 財政的自己完結性は強める アムネスティの政治的独立性と不偏性を。AIは資金を完全に会員からの支援と自発的な寄付によっている: 個人から、私的グループ、または政府が源の受け入れ可能なタイプと量の制限と共に。組織は 国家政府からの金を 受け付けない、政府間の資金は時おり認められてきたが 特有の事情では。例えば、過去にAIは寄付を受け取った EC(欧州委員会)から 目印を付けられて 囚人釈放のために。メンバーらと他の私的貢献者らは 資金を出す 彼ら自身の各国アムネスティ・インターナショナル支部に、そしてアムネスティ・インターナショナルの国際事務局は依存するようになった その作戦らを 国別部門らにより年ごとに提供された資金の上に。他の支援として来てよい元は: 直接な私的寄付、そして国際的に組織されたコンサートのような資金集め。1.8 Interpretive Capacity:解釈する能力 原則に基づく国際規準の出現に役割を演ずるアムネスティの能力に貢献する3番目の特質は、収集された事実より人権についての新しい概念を形成する能力である。NGOにとって現実の事実の収集が様々な技法である一方、彼らが規範的な概念を解明するための事実の解釈は基準の出現において重要な部分を演ずる。法哲学者 H.L.A. ハートによると、共通標準への参照と共にふるまいにおいて決定的な反省が存在するとき基準は権威づけられるようになる。そのような反省は表示されうる『批判…快適への要求、そしてそのような批判と要求が正当化された認識に、その全ては規定するための専門用語である「するのが当然」、「しなければならない」と「すべき」「正しい」「間違っている」の中に彼らの特徴的な表現を見つける』。 国家のふるまいを共通の標準と比較することは ふるまいについての正確な情報が要求される。なぜならば人権侵犯はとてもひんぱんに隠されるので、それらについての詳細な情報はその場で得ることができないからである。どちらも容易に得ることはできない:国境の中と国境をまたいでの双方において。政治的な意思が存在するときも、人権に関する愚行の詳細を国家や政府間の機関が集めるのはそう安くはすまない。かくして、基本の事実発見へのNGOたちの主要な貢献は強調されてきた NGOたちについて書かれたもののたいていには。このスタイルで、国連条約本体ら、委員会の椅子ら、そして国連総会は全て断言してきた:公式の人権監視に巻き込まれた行為者のだれもが NGOたちなしでは うまく働くことができなかったと。事実を収集することは 重要な技術である 非政府組織にとって;それは しばしば より専門的な技術を持つ 彼ら自身の主題領域に 国家や政府間機関よりも。 基準の出現の中でのNGOたちの役割への本部として私が強調を欲する より深い特性は、事実らと基準に従った標準を照合するのに必要な概念形成の過程の熟達である。それは 情報に精通しているNGOたちが 規範の標準を補強することを要求する; 特定の細目を一般的な概念に関連付けることで。事実らが驚くほど知られている行動の標準らと不調和な場合、しばしば「新しい」人権侵犯らが明らかになったとき場合のように、以前の基準らか前例に一貫する方法による事実の解釈は 存在する基準らと新しい標準らの開発の適用を促進する。 いくつかの規範に従った侵犯への救済策らが存在する場合、1970年代の失踪らのためのケースだったように、例えば、アムネスティ・インターナショナルの情報と解釈能力は助けた 問題を定義することと 政府の説明責任の期待らを引き出すことを。今や 多くの政府間組織の報告する仕組みが すでに存在しているので、NGOたちは 独立した情報を寄稿し、政府に後援された報告書を更新するのを助ける: それは報告される日より ずっと前に書かれたものかもしれない。NGOたちは「政府の代表により作られたかもしれない不正確あるいは誤解を招く声明」に即座に反論できる。このように、情報それ自身ばかりでなく、独立した事実の調査に基づいた政府声明へのNGOの反応は批判的である。 アムネスティ・インターナショナルはその能力を 個々の囚人たちのための仕事から自然に生じる結果として 発達させた。その最も初期の調査は大部分が2次調査源に基づいていた、1965年にはAIは受け取っていた およそ半分の情報を潜在的囚人採択についての 独立した接触から 国際機関機関と共に、反対するグループら、囚人の家族と友人たち、そして時には囚人自身らとの。 これは特に顕著だった:未熟な組織が小さく、貧しく、スタッフが主にボランティアだったことから。1966年に、新規と継続する良心の囚人について集まってくる情報に関わる80%のアムネスティのスタッフと助言グループらはボランティアだった。「それが どんなにちっぽけだったが描写するのは大変だ」、ステファニー・グラントは述べた。グラントと他の職員、マウリーン・タイテルバウムがアムネスティ・インターナショナルの囚人の状態を調査する最初の一般の努力に雇われた時、彼らの奮闘は示した わずかの離別を アムネスティ・インターナショナルの個々の囚人ケースについての独占的な集中から。囚人採択のように、しかしながら、初期の報告はまた発行された三つ組で政府のイデオロギーに従って。最初の3つの報告は分析した囚人状態をルーマニアと南アフリカ、ポルトガルでの: 東ブロックの国と第三世界、西側の国:順番に。すべてが囚人について不快な状態を押し付けた。「私は思い出す[ピーター・ベネンソンが]私を指さし言ったこと:『重要なことはそれらは絶対的に偏らず可能な限り事実に基づくものであるべきこと』」:グラントは言った:「と、それがどのようにして始まったかだった」。 国の報告らと共に「始まった」ことはアムネスティ・インターナショナルの人権情報を組み立て、解釈し、そして普及させる能力だった。アムネスティ・インターナショナルの年次報告書がひねくれた態度で1966年に気づいたことは その最初の3つの国別報告が「引き付けた考慮すべき注目を」そして書き記した「多くの政府が賛同と共に引用した  異なるイデオロギーの政府らを批判した私たちの報告から  しかし それらは彼らの'同盟国'について著しく沈黙していた」。グラントは次第に 国際事務局での完全に巣立ちした 調査部門の開発を助けた。調査スタッフは囚人ケースについての更新された情報を維持した そして人権状態についての一般的な報告を全地球的に生み出した。 アムネスティ・インターナショナルの独立して報告する先導力の起源は控えめであり また原則と客観性への忠誠の質により駆動されたものである。真実、政治的意見の非暴力な表現、そして最も格別に善くあることと不当に収監された個人らの釈放…等々の原則への誠実さを残しながら客観性へ到達することはアムネスティ・インターナショナルの頼みの綱だった。AIが特定のケースらの知識を集めるにしたがって、それは 少数の他の者が苦情を申し立てることができた人権状態についての情報の一続きを獲得した。 人権侵害のパターンらが明らかになるにしたがって、中央の組織は拡張した その責務を囚人の引き受けを越えて、その公衆の全会員により支持された動きである。AIの管理上の会議である国際執行委員会(IEC)は承認した 拷問に反対する試験的なキャンペーンを 初期の1970年代に それは結果を出した キャンペーン部門と法律部門の両者の創設の、それは互いに事実による知識より知らされた公衆の圧力を協調した そして 国際連合を通した法的規範らを助成することを標的とした活動らを補充した。 グラントは人権侵害の事実らと取り組むことを安定した登りを行うことに喩えた。人々が最初に確かな人権侵犯を知るとき、彼らはショックを伴い反応しがちである。文書が多数の同様なケースがあると示すとき、次に気づくことは「それが違法でないとは何と途方もないことか」。しばしば、現実化は当てる「それは違法でない なぜなら私たちはそれが起きていたことに気づかなかったから」グラントは言った:「そしてあなた方は倫理原理を持っているから 嫌忌する慣習は違法でないと見つける…もしあなた方が法律を拡張解釈するならそれは違法でありうる、しかし明白に違法でない。それから向かって動く…予防の手段として新法を創設する方向に。それから、その法律をあなた方の仕事の根拠として用いる。それは、あなたの家の階段を上る…ようなものだ」。アムネスティ・インターナショナルの人権原則への公約は積極的な参加を導いた: すでに存在する原則らを擁護することへの参加のみならず、人権に関する国際的な法律を前進させるのを助けることへの参加を。1.9 Conclusion:結論人権原則らは国家にとって相反する責務を表現する 新たな基準らの創設において。国際レベルでの安全のための国家の至上の関心は 倫理規範の利点を損なう。実に、新たな人権基準は現れないようだ  国家らにとって重要な原則についての相当な量の闘争なしには。どのように原則化された正と誤の基準がいい結果になり恐らくは自己本位の行為者らにより容認されるか、そして何故それらの行為者らが 倫理的な理由のために 彼ら自身の利益を追及する能力を制限することに同意するであろうこと、は何か理論家が継続して頭を悩ますものだ。 現存する研究は原則化された国際人権基準の出現に重複しない局面のパターンを識別する、そして 国家間の関係を統治する国際人権標準をアムネスティ・インターナショナルが構築する役割を査定する。2章は議論する理論らを どのように国際人権基準が発達したか、どのようにその1つのNGOとしての特質が国際人権基準の発達に貢献してきたかによってアムネスティ・インターナショナルを位置させながら。それは提起する 基準の出現の理論を それは後の章に適用される。3,4と5章は提起する ケーススタディらを 3種の政治的な抑圧である拷問・失踪・超法規的処刑を制限する国際規準らの発達におけるアムネスティ・インターナショナルの役割の。最終章は総括する 発見と結論を  国際規準の出現での異なる局面においてNGOたちの役目について練り上げることにより。 アムネスティ・インターナショナルは人権競技場での変化の主要な触媒だった。それは始まった 焦点を当てることで 個々の囚人たちの苦境に そして見つけた 人権のためのさらなる国際法的な支援が必要だったことを。良心の囚人を解放するその努力の中で、アムネスティ・インターナショナルは  世界人権宣言の中に見つかった倫理的で法的な参照事項らを信頼した。しかし公平な申請のみが生き残るようだった: 人権談話がおそらくは普遍的だが イデオロギーの含みと力による政治の浮沈がただよう世界では。 アムネスティ・インターナショナルは国際的なできごとに部外者として影響を及ぼした、 国家の資源なしで そして政府間組織の権威なしで。1948年に 国家らの小さな1グループ、彼ら自身を国際連合と呼ぶ、が人権原則への忠誠を宣言した一方で、アムネスティ・インターナショナルは作り上げた 人権宣言の権威を 実際のケースに訴えることで。その元来の目的は個々人の生活に違いを作ることだった。過程の中で それは始めた 一般の規範と国際システムの慣例に 違いを作ることを。 ここに示したケースらは 国際政治の中での体系の変化にとって 第三者の支援運動の重要さを目立たせる。証拠は見せる アムネスティ・インターナショナルは 国際人権基準の行路に 驚くべきインパクトを持っていたことを。原則のための独立した行為者として、アムネスティは拒否した 政治を演じることを たとえそれが 情報と公衆の圧力を 影響の道具として使ったとしても。それを議論から取り除くよりむしろ、アムネスティの公平無私性はその影響を拡大した。かくして、公平無私な行為者として、アムネスティは国際関係の伝統的な理論にとって異例であり国境を越えるレベルでの市民関与のモデルである。非政府組織の一貫した支援運動、調査、そして原則化された関心事を報告することは主要な要因であった 女性、子供、環境、そして他の話題についての国際規準の出現において  ケーススタディらに詳細が記された問題らに加えて。ちっぽけな主にボランティアの囚人引き受けグループから、他の市民ベースのグループにとってのモデルへのアムネスティの成長は 国家らの倫理性に影響を与える非国家行為者たちの潜在能力を論証する。その過程で、アムネスティの例は供給する: どのように原則らと倫理勧告が国際政治に影響するか理解することの基礎を。
原文:https://press.princeton.edu/titles/7089.html
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス外部リンク
新着文書(yasukazu)

Philippines 2017 - 2018 Annual Report / Amnesty International org
 警察と他の武装した個々人による数千の違法な殺害が政府の薬物追放キャンペーンの一部として続いた。キャンペーンに批判的な人権擁護者たちは大統領...

新着文書

Social leader killed in Cordoba is fourth in same town in 2018
3月11日日曜日、地方評議会リーダーでアフリカ系コロンビア人の子孫であるトマス・バレトが、コルドバ県サン・ホセ・デ・ウレの自宅で殺害された。 2...
Signing legal documents
現在の位置: チームハンドブック 目次 >法的文書に署名する  法的文書への署名は、他社・他組織などに直接出向いてNDAsを取り扱った人物を除...
Team Handbook
現在の位置:チームハンドブック 目次  このハンドブックは、GitLabという企業が、どのようにサービスを維持運営していくかを記したものだ。ここに...

新着Wikipedia翻訳

E (programming language)
E(プログラミング言語) AmigaE や e(検証言語) 、 GNU E と混同しないこと。 E -------- パラダイム マルチパラダイム:オブジ...
Van Eck phreaking
Van Eck phreaking(ファン・エック・フリーク) Van Eck phreakingは盗聴の一形態であり、その中では特殊な装置が使用され、電子機器を探るため、隠...
Trusted Computer System Evaluation Criteria
Trusted Computer System Evaluation Criteria(信頼されたコンピュータ・システム評価基準) 【画像のキャプション】オレンジブック 信頼されたコ...

更新履歴

※文書量によっては処理に数十秒かかる場合があります
バージョン 比較対象 更新日時 更新者
1(最新) 2018-02-21 17:32:09 yasukazu
2 2018-02-14 21:21:03 yasukazu
3 2018-02-14 21:20:19 yasukazu
4 2018-02-14 21:18:42 yasukazu
5 2018-02-14 21:16:26 yasukazu
6 2018-02-14 21:15:04 yasukazu
7 2018-02-14 21:13:53 yasukazu
8 2018-02-14 21:13:01 yasukazu
9 2018-02-14 21:12:38 yasukazu
10 2018-02-14 21:12:34 yasukazu

    
ブックマーク登録

タグを「;(半角セミコロン)」区切りで入力して下さい(例)tag1;tag2;tag3
10タグまで登録可能。各タグ30文字まで

履歴
状態 作業中 作業予定あり 作業予定なし 作業完了
テーマ 社会 政治 法律 経済 文化 芸能 科学技術 IT 健康/医療 スポーツ メディア 植物 動物 菌類 地方 国際
地域 日本 東アジア アフリカ 南アジア 東南アジア 西アジア/中東 太平洋 北米 中南米 欧州
ジャンル ニュース 解説記事 論文 日記 百科事典

コメントを入力して下さい
0 / 250
    
ブックマーク登録

ブックマークに登録しました。


言語選択

    
ファイルプロパティ

使用許諾条件
ファイル情報
あなただけがこのファイルを閲覧・編集できます。
みんながこのファイルを閲覧できますが、
編集ができるのはあなただけです。
あなたに加えて、指定された人やグループが
このファイルを自由に閲覧・編集できます。
公開設定
編集設定
グループ:0組 翻訳者:0人
    
アクセス属性
この文書は「非公開」設定になっています。
一般公開する場合は、編集ページの書誌情報で「公開」設定に変更して下さい。
翻訳者選択

※メニュー「翻訳者管理」で翻訳者、グループを追加することができます。


    
ノート

非公開ノート
0 / 2000 ※「公開・編集」権限を持つ翻訳者のみに公開されます。
公開ノート
0 / 2000 ※文書を「公開」にした場合、一般に公開されます。

言語選択

 →