Hnoss

Hnoss

誰かのひと手間を省こう。
カレンダー

文書タグ

フノス(訳者)(62) IT(42) 解説記事(23) DTM(18) HTML5(18) Libre Music(18) Linux(15) オープンソース(14) 百科事典(13) プラグイン(13) 録音(11) 文化(11) ミキシング(11) メディア(11) MIDI(10) ソフトウェア(9) シーケンス(8) 芸能(7) 音楽編集(7) マスタリング(7) 音楽(4) 経済(4) JACK(4) Ardour(3) Windows(3) Android(3) 業務効率化(3) DAW(3) GNU(3) PlayStation(2) Krita(2) 古代エジプト(2) 社会(2) ERP(2) 有角神(2) ワークフロー(2) エジプト(2) アプリ(2) ソーシャルメディア(2) OS X(2) バト(2) ウィッカ(2) GPL(2) アニメ(2) 欧州(2) オカルト(2) アニメーション(2) GNOME3(2) スマホ(2) 西アジア/中東(2) 牛(2) 北米(2) 映像制作(2) 歴史(2) ERPシステム(2) Blender(1) 考古学(1) 申命記(1) オンデマンド(1) KXStudio(1) グルジア(1) クヌム(1) 魔女裁判(1) トヨタ(1) バフォメット(1) 黙示録(1) ねじ巻きラジオ(1) ALSA(1) 東ヨーロッパ(1) アモン(1) セイラム魔女裁判(1) イボ人(1) OpenToonz(1) キリスト教(1) レビ記(1) 広告(1) アマナイ(1) コマンド(1) イケンガ(1) Java(1) BountySource(1) ユダヤ教(1) ウルガタ聖書(1) 科学技術(1) 観光案内(1) 出エジプト記(1) 教育(1) パキスタン(1) Papagayo(1) ハトホル(1) パン(1) 地方(1) 高速道路情報無線(1) 羊神(1) ギリシャ(1) 学校(1) 中南米(1) モヘンジョ=ダロ(1) アップストリーム・パッケージング(1) 悪魔(1) ラジオ(1) ポッドキャスト(1) アレクサンドロス大王(1) ローマ(1) パシュパティ(1) 音楽プレーヤー(1) アンビソニック(1) ポータブルソフトウェア(1) アピス(1) 宗教(1) テレビ(1) GPS(1) サウンドフォント(1) 船乗りの柱(1) シリア(1) F-Droid(1) アフリカ(1) リグ・ヴェーダ(1) ロスレス音源(1) バイノーラル(1) リーナス・トーバルズ(1) ムネヴィス(1) ネオペイガニズム(1) コミュニティ放送(1) Python(1) 元ネタ(1) ケルヌンノス(1) ナイジェリア(1) スタジオジブリ(1) 聖書(1) 任天堂 DS(1) VR(1) 魔女宗(1) アクティブSETI(1) ユーコン(1) 国際(1) 意味(1) コシディウス(1) インド(1) タブレット(1) Synfig(1) ヤーウェ(1) CD(1) VST(1) 料理(1) 羊(1) ベルゼブブ(1) デジタルサイネージ(1) カナダ(1) 国際公文書館会議(1) 由来(1) グンデストルップの大釜(1) カナン(1) 詩篇(1) チップチューン(1) ジョージア(1) バ・ネブ・デデト(1) コットン・マザー(1) クラウドキャスティング(1) エリファス・レヴィ(1) マサチューセッツ(1)
ブックマークタグ

登録情報はありません。
リファレンス

first-time visitors
user guide
謝辞

「みんなの翻訳」は情報通信研究機構言語翻訳グループ東京大学図書館情報学研究室による共同プロジェクトであり、三省堂国立情報学研究所連想情報学研究開発センターが開発に協力しています。三省堂には「グランドコンサイス英和辞典(36万項目収録)」の使用を許可していただきました。

連携研究グループはこちらをご覧ください。

「みんなの翻訳」を使っている翻訳グループについてはこちらをご覧ください。

バナー

logo

ポスター

poster

フライヤー

poster poster
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
本サイトはブラウザ「Mozilla Firefox」推奨です。
Firefox3で動作確認しています。

Valid XHTML 1.0 Transitional

site_image
AppImage - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/AppImage
Hnoss Hnoss     最終更新:2017-04-22 19:02:03    PDF


 AppImageはLinuxにおけるポータブルソフトウェアの配布形式で、アプリケーションのインストールの際にスーパーユーザーを必要としないことが特徴だ。 [1]
 Linuxはディストリビューションによって使用可能なバイナリが異なるものだが、それを気にすることなくアプリケーションを展開できる環境を、アプリ開発者に提供することを目指している。

 また、このようにアプリ・パッケージを配布することを「アップストリーム・パッケージング」という。

 このソフトはたびたび改名をしており、2004年初版時点では「klik」、2011年には「PortableLinuxApps」、そして2013年に「AppImage」と名乗ったが、開発そのものは2004年から続けられている。

[開発者]

Simon Peter

[初版]

2004年 13年前

[最新安定版]

2016年9月11日 

[開発の状態]

活動中

[使用言語]

C

[対応OS]

Linux

[ソフトの種類]

ソフトウェアダウンロードシステム / パッケージフォーマット

[ライセンス]

MIT License

[公式サイト]

appimage .org


目次

1. 説明 1.1 開発目的 1.2 プロパティ 2. 来歴 2.1 klik時代 2.2 PortableLinuxApps時代 2.3 AppImage改名以降 3. 対応プログラム 4. 関連項目 5. 参考資料 6. 外部リンク

1. 説明

1.1 開発目的

 AppImageはどんなLinuxシステムでも、バイナリの互換性に関係なく、アプリケーションも使用できる環境を構築することを目的として開発された。
 Linuxシステムからは、インストールと認識されない方法をとっていることによって、root権限が要求されない。
 これを使って導入したソフトウェアは持ち運びが可能で、どんなOSでも使用できる。 [3]
 

1.2 プロパティ

 AppImageは、従来のLinuxにおけるインストールとは異なる方法でソフトを導入する。
 従来のLinuxはソフトをインストールした際に、ファイルシステム内部にアプリ専用の場所を与え、そこに大量のファイルを展開する。
 しかし、AppImage(klik,portablelinuxapps)の場合、ファイルシステム内に圧縮イメージファイルを展開させ、アプリケーションを動作させるときに圧縮ファイルをマウントしている。

 なので、1つのアプリケーションにつき、ファイルは1つである。
 そのファイルの中には、アプリケーションのライブラリが格納されており、それでベースシステムの差を埋めている。ファイル(ISO 9660)はzisofs圧縮により、最小限のディレクトリ(Application directory)とランタイムでソフトを動かすことができる。 [1] AppImageアプリケーションは、ライブCDに収まる程度のサイズになる。

 AppImageアプリケーションは、通常のインストールより手間がかからないことを特色としている。そのソフト以外に関連ソフトをインストールする必要がなく、オペレーションシステムに手を加えたり、ユーザー環境を変更する必要がない。
 ファイルはほとんどのLinuxディストリビューションで使用できる。 
 AppImageアプリケーションは、実行ファイルを起動させるだけで使用可能だ。

2. 来歴

2.1 klik時代

画像 klikでアプリケーションをインストールする

 AppImageの前々身である、klikは2004年にSimon Peterによって開発された。 [4]クライアント側のライセンスはGPL 。
 
 使用方法は以下の通り。
 利用者はブラウザに、先頭に「klik://」と入力してから、インストールしたいソフトウェアのURLを入力する。
 すると、klikを介して.cmg ファイルがダウンロードされる。
 このファイルは通称「レシピ」ファイルと呼ばれた。これが様々なプラットフォームで動作するアプリケーションになる。

 klikは8つのプログラムから構成される。ちょうどこれは、Linuxカーネルが一度に扱える圧縮ファイルの最大数になっている。

 ファイルはプログラムが立ち上げられるたびにマウントされる。
 アンインストールは簡単で、.cmgファイルを削除するだけである。

 klik2ではFUSE カーネルモジュールにも対応する予定であったが、開発そのものが中断し、実現には至らなかった。 [5] klikプロジェクトは2011年ごろに休眠状態に入り、現在ホームページにアクセスしづらい状態になっている。[6]

2.2 PortableLinuxApps時代

 Simon Peterは次なるプロジェクトを開始した。それが「PortableLinuxApps」だが、作っているソフトはほとんど同じである。 [2]ソフトの制作、配布は、「portablelinuxgames.org」というレポジトリで行われた。このレポジトリは他にもたくさんのオープンソース・ゲームを提供していた。[7]

2.3 AppImage改名以降

 2013年、「portableLinuxApps」は再び改名し、現在の「AppImage」になった。この時にライセンスがMIT licenseに変更になった。ソフトはAppImageフォーマットとして処理され、AppImageKitを介して実行される。
 GitHubレポジトリでは最新版が手に入る。

3.関連プログラム

・2007年版KlikからAlexander Larssonが思いついたglickプロジェクトは、2016年にリリースされたFlatpakの前身である。

リーナス・トーバルズは、潜水記録アプリケーションSubsurfaceに2015年からAppImageを採用している。これによりSubsurfaceは持ち運び可能な、ディストロを選ばないソフトになった。
[10] [11] [12]

MuseScoreは2016年4月からAppImageを採用している。

Krita(デジタル描画フリーソフトウェア)は2016年5月にリリースしたバージョン3.0からAppImageを採用している。

DigiKam(オープンソース画像管理ソフトウェア)は2016年11月にリリースしたバージョン 5.3.0からAppImageを採用している。

・Network WorldのBryan Lundukeは2017年3月31日に、OpenshotのLinuxディストロ間の食い違いを是正するためにAppImageを採用することを発表した。 [16]

4. 関連項目

Portable application creators
Autopackage Snappy (パッケージマネージャー)
Flatpak
Zero Install, これと同じようなプロジェクト
ROXAppDirsディレクトリをアプリケーションバンドルとして使っている.


5. 参考資料

^ Mobily, Tony (2006-04-07). "Free Software Magazine interview with Simon Peter". Free Software Magazine. ^ a b Peter, Simon (2010). "AppImageKit Documentation 1.0" (pdf). PortableLinuxApps.org. pp. 2–3 . Retrieved 2011-07-29. The AppImage format has been created with specific objectives in mind: Be Simple [...], Maintain binary compatibility [...], Be distribution-agnostic [...], Remove the need for installation [...], Allow to put apps anywhere [...], Do not require recompilation [...], Keep base operating system untouched [...], Do not require root [...] ^ AppImage: Linux apps that run anywhere on youtube.com by Peter Simon (June 2016) ^ "Slashdot - Point-and-klik Linux Software Installation?". slashdot.com. ^ Screen capture video of Klik2 on video.google.com (archived) ^ "klik - Linux Software Download". ^ "Portable Games for Linux". ^ "AppImageKit". github.com. ^ Experiments with run-timeless app bundles by Alex Larsson (2007) ^ Linus Torvalds (2014-08-29). "Q&A with Linus Torvalds" (video). DebConf 2014 Portland. debian.net. 6:28 . Retrieved 2016-05-14. I have seen this first hand with the other project I'm involved with, which is my dive log app. We make binaries for Windows and OSX, we basically don't make binaries for Linux. Why? Because making binaries for Linux desktop applications is a major fucking pain in the ass. CS1 maint: Uses authors parameter ( link) ^ Torvalds, Linus. "This is just very cool.". Google+. I finally got around to play with the "AppImage" version of +Subsurface, and it really does seem to "just work". ^ Hohndel, Dirk (2015-11-25). "This is just very cool.". Google+. I, as the app maintainer, don't want my app bundled in a distribution anymore. Way to much pain for absolutely zero gain. Whenever I get a bug report my first question is "oh, which version of which distribution? which version of which library? What set of insane patches were applied to those libraries?". No, Windows and Mac get this right. I control the libraries my app runs against. [...] With an AppImage I can give them just that. Something that runs on their computer. ^ Weiss, Isaac. "MuseScore 2.0.3 is released". MuseScore.org. MuseScore . Retrieved 2016-04-05. ^ "Krita 3.0 Released". Krita.org. Krita. 2016-05-31. ^ "digiKam 5.3.0 is published". www.digikam.org . Retrieved 2016-12-30. ^ Bryan Lunduke (Mar 31, 2017). "Linux video editor OpenShot 2.3 impresses: New tools, fast performance". Network World . Retrieved 2017-04-02. Interestingly, OpenShot is distributed via appimage. That means they provide a single binary that can be run on just about any modern Linux distribution. I personally tested this out on openSUSE Tumbleweed with great success—but it should run just as easily on Debian, Fedora or others. I love this approach to distributing software directly from the developers.

6. 外部リンク

公式サイト
AppImages に対応しているソフトウェア
・portablelinuxapps.org project page on SourceForge (accessed August 2, 2011)
・klik.atekon.de Official klik site (archived) klik client repository page at Google Code

原文:https://en.wikipedia.org/wiki/AppImage
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス外部リンク
新着文書(Hnoss)

FYDZHIN – OSSETIAN MEAT PIE
グルジアン・レシピ |  2014/06/29投稿  伝統的なオセチアの味・Fydzhinの作り方をご紹介しましょう。  オセチア料理の中でもかなりの人気を...
Web animation using CSS and JavaScript
2016年9月27日投稿   Nikhil Sukul  DrupalCon Dublin 2016にて、私ことNikhil SukulはVidit Anjariaとアニメーションについて議論する予定です...
Brunch - ultra-fast HTML5 build tool
ビルドツールでお悩みなら、 Brunchを使ってみてください! Brunchは、つぎはぎでゴチャゴチャなHTMLを、きれいにまとめる最高のツールです。 ...
3 open source boilerplate web design templates
 ウェブデザインの世界にも、「テンプレート」というものが存在します。  これを使えば、先進的なコードベースを設計することも、難しくはありませ...

新着文書

IMLS for now survives Trump’s effort to kill it—but keep fighting with 2018 budget in mind!
ドナルド・トランプは他の多くのサービスの中で、博物館と資金繰りの苦しい中で電子書籍の普及をした、些細ではあるが、大きい衝撃のあった図書館制...
Will you want your parents’ paper books?
自分の両親が亡くなる時に彼らの持っていた本を欲しいと思うだろうか。 私の父は長年の時計研究者かつ古時計の修理工である。彼からの最近のメールで...
Obama Should Heed Hiroshima’s Survivors / By Amy Goodman & Denis Moynihan
オバマ大統領が広島(世界初の原子爆弾攻撃の場)を訪問するということを、今週、ホワイトハウスが発表した。彼はその場所を訪れる初の現職の大統領...

新着Wikipedia翻訳

End-user computing
エンドユーザ・コンピューティング エンドユーザ・コンピューティング(EUC: End-user computing)は、プログラマではない人が、動くアプリケーショ...
AppImage - Wikipedia
 AppImageはLinuxにおける ポータブルソフトウェア の配布形式で、アプリケーションのインストールの際に スーパーユーザー を必要としないこと...

更新履歴

※文書量によっては処理に数十秒かかる場合があります
バージョン 比較対象 更新日時 更新者
1(最新) 2017-04-22 19:02:00 Hnoss
2 2017-04-22 19:01:13 Hnoss
3 2017-04-22 14:59:46 Hnoss
4 2017-04-22 14:52:19 Hnoss
5 2017-04-21 23:45:05 Hnoss
6 2017-04-21 23:44:01 Hnoss
7 2017-04-21 23:40:46 Hnoss
8 2017-04-21 23:40:36 Hnoss
9 2017-04-21 23:40:03 Hnoss
10 2017-04-21 23:39:00 Hnoss

    
ブックマーク登録

タグを「;(半角セミコロン)」区切りで入力して下さい(例)tag1;tag2;tag3
10タグまで登録可能。各タグ30文字まで

履歴
状態 作業中 作業予定あり 作業予定なし 作業完了
テーマ 社会 政治 法律 経済 文化 芸能 科学技術 IT 健康/医療 スポーツ メディア 植物 動物 菌類 地方 国際
地域 日本 東アジア アフリカ 南アジア 東南アジア 西アジア/中東 太平洋 北米 中南米 欧州
ジャンル ニュース 解説記事 論文 日記 百科事典

コメントを入力して下さい
0 / 250
    
ブックマーク登録

ブックマークに登録しました。


言語選択

    
ファイルプロパティ

使用許諾条件
ファイル情報
あなただけがこのファイルを閲覧・編集できます。
みんながこのファイルを閲覧できますが、
編集ができるのはあなただけです。
あなたに加えて、指定された人やグループが
このファイルを自由に閲覧・編集できます。
公開設定
編集設定
グループ:0組 翻訳者:0人
    
アクセス属性
この文書は「非公開」設定になっています。
一般公開する場合は、編集ページの書誌情報で「公開」設定に変更して下さい。
翻訳者選択

※メニュー「翻訳者管理」で翻訳者、グループを追加することができます。


    
ノート

非公開ノート
0 / 2000 ※「公開・編集」権限を持つ翻訳者のみに公開されます。
公開ノート
0 / 2000 ※文書を「公開」にした場合、一般に公開されます。

言語選択

 →