Hnoss

Hnoss

GitLabのドキュメントが、CC BY-SA 4.0.になったー!やったー!
カレンダー

文書タグ

フノス(訳者)(219) IT(195) 解説記事(151) マニュアル(85) GitLab CI(60) オープンソース(50) GitLab(44) Linux(38) メディア(37) コンテナ(29) ウェブ制作(27) HTML5(19) DTM(19) おすすめ オープンソース・ソフトウェア(18) Libre Music(18) 百科事典(14) プラグイン(14) 文化(12) ミキシング(11) ソフトウェア(11) セキュリティ(11) 録音(11) MIDI(10) 西アジア/中東(10) 料理(9) ジョージア(9) グルジア(9) 東ヨーロッパ(9) シーケンス(8) 芸能(8) ハンドブック(8) 業務効率化(8) 音楽編集(8) コマンド(8) 音楽(7) 経済(7) マスタリング(7) アプリ(6) Raspberry Pi(6) ワークフロー(5) WordPress(5) JACK(5) マイクロサービス(5) Google(5) Windows(4) Android(4) 映像制作(4) GNU(4) 法律(4) 欧州(4) 音楽プレーヤー(4) デザイン(4) Ubuntu(4) 北米(4) Java(3) ソーシャルメディア(3) DAW(3) Python(3) アニメ(3) ホームオートメーション(3) アニメーション(3) IoT(3) Ardour(3) 社会(3) 有角神(2) エジプト(2) ALSA(2) OS X(2) ERPシステム(2) 電子ブック(2) トヨタ(2) バト(2) Krita(2) 電子書籍(2) ウィッカ(2) GPL(2) ERP(2) オカルト(2) Twitter(2) ロスレス音源(2) BountySource(2) スマホ(2) 牛(2) 歴史(2) ニュース(2) GNOME3(2) iOS(2) PlayStation(2) 仮想通貨(2) 古代エジプト(2) マーケティング(2) アモン(1) セイラム魔女裁判(1) ねじ巻きラジオ(1) 3D(1) 政治(1) イボ人(1) 国際(1) クリエイティブ・コモンズ(1) amazon(1) キリスト教(1) レビ記(1) Synfig(1) 独占(1) アマナイ(1) 広告(1) KXStudio(1) EU(1) イケンガ(1) 国際公文書館会議(1) マイナビ(1) 募金(1) ユダヤ教(1) ウルガタ聖書(1) 科学技術(1) 出エジプト記(1) 観光案内(1) 絵文字(1) サンフランシスコ(1) パキスタン(1) リクルート(1) ハトホル(1) パン(1) 地方(1) Blender(1) 羊神(1) ギリシャ(1) 高速道路情報無線(1) ツイッター(1) Youtube(1) 中南米(1) モヘンジョ=ダロ(1) CC(1) 声明(1) 悪魔(1) ラジオ(1) アレクサンドロス大王(1) ローマ(1) ポッドキャスト(1) ゲーム(1) パシュパティ(1) 1Password(1) アピス(1) 宗教(1) テレビ(1) OpenToonz(1) 電子教材(1) 船乗りの柱(1) シリア(1) GPS(1) アフリカ(1) リグ・ヴェーダ(1) F-Droid(1) ムネヴィス(1) ネオペイガニズム(1) コミュニティ放送(1) アンビソニック(1) 元ネタ(1) ケルヌンノス(1) ナイジェリア(1) 日記(1) 聖書(1) 任天堂 DS(1) 教育(1) bi-modal IT(1) 魔女宗(1) アクティブSETI(1) バイノーラル(1) Papagayo(1) 写真(1) 意味(1) コシディウス(1) インド(1) ユーコン(1) ヤーウェ(1) CD(1) タブレット(1) 学校(1) 日本(1) 羊(1) ベルゼブブ(1) デジタルサイネージ(1) VR(1) アップストリーム・パッケージング(1) 画像(1) 由来(1) グンデストルップの大釜(1) カナン(1) カナダ(1) サウンドフォント(1) 詩篇(1) チップチューン(1) バ・ネブ・デデト(1) コットン・マザー(1) クラウドキャスティング(1) VST(1) ポータブルソフトウェア(1) エリファス・レヴィ(1) マサチューセッツ(1) 考古学(1) 申命記(1) クヌム(1) 魔女裁判(1) オンデマンド(1) リーナス・トーバルズ(1) バフォメット(1) UNIX(1) 黙示録(1) スタジオジブリ(1)
リファレンス

first-time visitors
user guide
謝辞

「みんなの翻訳」は情報通信研究機構言語翻訳グループ東京大学図書館情報学研究室による共同プロジェクトであり、三省堂国立情報学研究所連想情報学研究開発センターが開発に協力しています。三省堂には「グランドコンサイス英和辞典(36万項目収録)」の使用を許可していただきました。

連携研究グループはこちらをご覧ください。

「みんなの翻訳」を使っている翻訳グループについてはこちらをご覧ください。

バナー

logo

ポスター

poster

フライヤー

poster poster
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
本サイトはブラウザ「Mozilla Firefox」推奨です。
Firefox3で動作確認しています。

Valid XHTML 1.0 Transitional

site_image
How to turn a Raspberry Pi into an eBook server | Opensource.com / Don Watkins
https://opensource.com/article/17/6/raspberrypi-ebook-server
Hnoss Hnoss     最終更新:2018-01-11 19:20:46    PDF


 Calibreという電子書籍管理ソフトウェアがありますが、セットアップの方法次第では、Raspberry Pi3を電子書籍サーバーに変身させられます。
 ちょっと意外な気がするかもしれませんが、大きな箱のようなサーバーを用意しなくても、実はなんとかなるんです。

2017年6月27日 | Don Watkins

 先日発表された最新版Calibre 3.0には、なんとブラウザで電子書籍を読む機能が追加されました。しかし、Raspbian公式レポジトリはまだ最新版に対応していません。(本記事執筆時点)

 教育現場、図書館、職場などで、ざっと目を通す程度の資料などを印刷の手間を省いて、大人数と共有したい場面があることでしょう。そんな時に電子書籍にアクセスできたら便利ですね。
 そこで今回は、Raspberry Pi 3で電子書籍サーバー作る方法をお教えします。皆さんがイメージしがちな、大きなサーバーや難しいプログラミングは一切登場しません。それでも、十分な効果を発揮します。ぜひ挑戦してみてください。

① まずはRaspbianピクセルイメージの最新版を、新しい8GBのMicroSD カードにインストールします。
② RaspbianをインストールしたmicroSDを基盤に差し込んで、キーボード、マウス、それから古いTV画面でも表示が可能なようにHDMI ケーブルを接続します。
③ Raspberry Piをブートしてください。
④ ピクセル環境をモニターに合わせて調整します。詳しくはこちらのページをご覧ください。
⑤ モニターの調整が終わったら、次はローカルネットワークに接続します。

  とりあえずこれで、ラズベリーパイ本体のセットアップは完了です。次からサーバを創る工程に移ります。

⑥ ターミナルを開いて、オペレーティングシステムを最新版にアップデートします。

pi@raspberrypi: ~$ sudo apt-get update

⑦ 次にターミナルからCalibre(ソフトウェア)をインストールします。

pi@raspberrypi: ~$ sudo apt-get install calibre

⑧ Calibeのインストールが終わったら、GUI画面での起動が可能になります。(私はコマンドラインから起動しました。)起動するとウェルカム・ウィザードが表示されます。

  これで一応、Raspberry PiでCalibreを使えるようにはなりましたが、サーバーとして使うためには、もう少し手を加える必要があります。

⑨ ロケーションを選択します。これで書籍をダウンロードする準備ができました。

   [写真1] Calibreインターフェイス

⑩ 上の写真のメニュー部分に、地球のマークがありますね。下には Get Books と書いてあります。ここからキーワードを検索したり、興味のある電子書籍プロバイダを指定することができます。

⑪ 私は著作権切れの記事を探しているので、プロジェクト・グーテンベルクをソースに入れることにしました。Storesと書いてある項目にチェックを入れます。(Calibre側は、利用者が電子書籍を閲覧するための取引などには関与しないと免責事項に記述してありますので、この辺は自己責任でお願いします。)
  試しに「Mark Twain」で検索しますと、10個の記事がヒットしましたね。

   [写真2] Get Booksで書籍を検索する

 私は上から2番目にある「ハックルベリーの冒険」を選びました。

⑫ 本を選んだら、電子書籍のフォーマットを選択します。ここでは、MOBIとEPUBが選択肢に表示されています。私は後者のEPUBを選ぶことにしました。本のダウンロードは高速で行われます。

   [写真3] フォーマットを選ぶ

⑬ Get Booksの選択肢になかったプロバイダから書籍を受け取ることもできます。たとえば、オープン教育リソースなどを追加すると、教材を生徒たちと共有する時に便利です。
  コンテンツをロードするには、インターフェイスの一番左にある赤い本マーク「Add Books」の項目を使います。

※ ライブラリのサイズが足りない時には、microSDのサイズを上げることで対応できます。

  [写真4] Connect/shareを選択

  コンテンツを追加したら、次はネットワークで共有する工程に入ります。
⑭ ターミナルで「ifconfig」 を入力して、ラズベリーパイにIPアドレスを取得させます。
  写真5は、私のターミナルを写したものです。上部左端に「wlan0」とありますね。
  今回はワイヤレス・ネットワークを使用したいので、この「wlan0」の情報を参考にしていきます。
⑮ インターフェイスの一番右側に、三角マークが2つ連なっています。そこをクリックすると、もう1つのメニューが引き出されます。[写真4]にあるとおり、「Connect and Share」を選択してサーバーを開始してください。

  [写真5] ターミナルに表示されたwlan0の情報

⑯ 最後に、外部のコンピューターを Raspberry Pi にアクセスさせます。ブラウザを開いて、アドレスの窓に、Raspberry PiのIPアドレスと、ポート番号(:8080)を入力してください。
  私の場合、「http://192.168.1.10:8080」と入力しました。

  そして表示されたホームページがこちらです。

  [写真6] 書籍サーバーのホームページ

  試しに、自分の iPhoneと Linuxと MacOSからアクセスしてみました。いずれも成功です。

  検索窓から本を探したり、「All Books」から全ての本を確認することができます。

  [写真7] All Booksを開いてみた

  ここから本をダウンロードすることも可能です。
  ダウンロードした本は、オフラインで読むことも可能です。

 皆さんもぜひやってみてください。できれば、結果の情報共有もお願いします。

原文:https://opensource.com/article/17/6/raspberrypi-ebook-server
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス外部リンク
新着文書(Hnoss)

GitLab UX Guide
GitLab Documentation > GitLab development guides >GitLab UX ガイド  現在、UX documentationの内容を、 design.gitlab.com projectに...
Basics
GitLab Documentation > GitLab development guides > GitLab UX ガイド >Basics(基本パーツ)   レスポンシブ対応  GitLabでは、ス...
Principles
GitLab Documentation > GitLab development guides > GitLab UX ガイド >デザイン原則  これから説明するデザイン原則は、GitLabの使い勝手...
Engineering
現在の位置: チームハンドブック 目次 >エンジニアリング   連絡方法 Public Issue Tracker (GitLab CEの場合) ; 不特定多数に公開して...

新着文書

Bristol’s Last Bookshop shares key facts on the remains of publishing
ブリストルの ラスト・ブックショップ (「最後の書店」)はたぶん、真の本好きのための残本店と言っていいだろう。それは、いくつかの出版社の名作...
Bristol’s Last Bookshop shares key facts on the remains of publishing
ビリストルのラスト・ブックスショップ(Last Bookshop)という本屋は熱烈な本愛好家のためのリマインダーストアーであると思う。リマインダーストア...
Second social leader opposed to dam construction murdered in one week
一人の社会指導者は昨日プエルトリコ・バルディビアで虐殺された。これはアンティオキアで一週間以内に連続して起きた二回目の類似の殺人である。5月8...

新着Wikipedia翻訳

Flutter (software)
Flutter -------- 原作者:Google 開発者:Googleとコミュニティ 最初の公開:アルファ(v0.0.6)/2017年5月;1年前(2017-05)[1] 試験版の公...
E (programming language)
E(プログラミング言語) AmigaE や e(検証言語) 、 GNU E と混同しないこと。 E -------- パラダイム マルチパラダイム:オブジ...
Van Eck phreaking
Van Eck phreaking(ファン・エック・フリーク) Van Eck phreakingは盗聴の一形態であり、その中では特殊な装置が使用され、電子機器を探るため、隠...

更新履歴

※文書量によっては処理に数十秒かかる場合があります
バージョン 比較対象 更新日時 更新者
1(最新) 2018-01-11 19:20:37 Hnoss
2 2017-07-14 12:54:59 Hnoss
3 2017-07-13 11:33:57 Hnoss
4 2017-07-13 11:30:26 Hnoss
5 2017-07-11 13:39:58 Hnoss
6 2017-07-11 13:39:23 Hnoss
7 2017-07-11 13:38:52 Hnoss
8 2017-07-11 13:36:36 Hnoss
9 2017-07-11 13:36:19 Hnoss
10 2017-07-11 13:36:06 Hnoss

    
ブックマーク登録

タグを「;(半角セミコロン)」区切りで入力して下さい(例)tag1;tag2;tag3
10タグまで登録可能。各タグ30文字まで

履歴
状態 作業中 作業予定あり 作業予定なし 作業完了
テーマ 社会 政治 法律 経済 文化 芸能 科学技術 IT 健康/医療 スポーツ メディア 植物 動物 菌類 地方 国際
地域 日本 東アジア アフリカ 南アジア 東南アジア 西アジア/中東 太平洋 北米 中南米 欧州
ジャンル ニュース 解説記事 論文 日記 百科事典

コメントを入力して下さい
0 / 250
    
ブックマーク登録

ブックマークに登録しました。


言語選択

    
ファイルプロパティ

使用許諾条件
ファイル情報
あなただけがこのファイルを閲覧・編集できます。
みんながこのファイルを閲覧できますが、
編集ができるのはあなただけです。
あなたに加えて、指定された人やグループが
このファイルを自由に閲覧・編集できます。
公開設定
編集設定
グループ:0組 翻訳者:0人
    
アクセス属性
この文書は「非公開」設定になっています。
一般公開する場合は、編集ページの書誌情報で「公開」設定に変更して下さい。
翻訳者選択

※メニュー「翻訳者管理」で翻訳者、グループを追加することができます。


    
ノート

非公開ノート
0 / 2000 ※「公開・編集」権限を持つ翻訳者のみに公開されます。
公開ノート
0 / 2000 ※文書を「公開」にした場合、一般に公開されます。

言語選択

 →