Hnoss

Hnoss

遅ればせながら。新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。
カレンダー

文書タグ

フノス(訳者)(172) IT(144) 解説記事(100) GitLab CI(50) オープンソース(49) Linux(32) メディア(32) コンテナ(25) ウェブ制作(23) DTM(19) HTML5(19) Libre Music(18) おすすめ オープンソース・ソフトウェア(17) 百科事典(14) プラグイン(13) 文化(12) ソフトウェア(11) 録音(11) ミキシング(11) MIDI(10) 西アジア/中東(10) 料理(9) ジョージア(9) グルジア(9) 東ヨーロッパ(9) セキュリティ(9) シーケンス(8) 芸能(8) 音楽編集(8) 音楽(7) マスタリング(7) 経済(6) 業務効率化(6) Raspberry Pi(5) WordPress(5) アプリ(5) JACK(5) コマンド(5) Google(4) Windows(4) Android(4) 映像制作(4) GNU(4) 音楽プレーヤー(4) マイクロサービス(4) Python(3) 北米(3) アニメ(3) ホームオートメーション(3) アニメーション(3) IoT(3) Ardour(3) 社会(3) Java(3) ワークフロー(3) ソーシャルメディア(3) DAW(3) 欧州(3) Ubuntu(3) スマホ(2) 牛(2) iOS(2) 歴史(2) ニュース(2) GNOME3(2) GitLab(2) PlayStation(2) 仮想通貨(2) 古代エジプト(2) マーケティング(2) 有角神(2) エジプト(2) ALSA(2) OS X(2) ERPシステム(2) 電子ブック(2) トヨタ(2) バト(2) Krita(2) 電子書籍(2) ウィッカ(2) GPL(2) ERP(2) オカルト(2) Twitter(2) ロスレス音源(2) 元ネタ(1) ケルヌンノス(1) ナイジェリア(1) 日記(1) 聖書(1) 任天堂 DS(1) 教育(1) bi-modal IT(1) 魔女宗(1) アクティブSETI(1) バイノーラル(1) Papagayo(1) 写真(1) 意味(1) コシディウス(1) インド(1) ユーコン(1) ヤーウェ(1) CD(1) タブレット(1) 学校(1) 日本(1) 羊(1) ベルゼブブ(1) デジタルサイネージ(1) VR(1) アップストリーム・パッケージング(1) 画像(1) 由来(1) グンデストルップの大釜(1) カナン(1) カナダ(1) サウンドフォント(1) UNIX(1) 詩篇(1) チップチューン(1) バ・ネブ・デデト(1) コットン・マザー(1) クラウドキャスティング(1) VST(1) ポータブルソフトウェア(1) エリファス・レヴィ(1) マサチューセッツ(1) 考古学(1) 申命記(1) クヌム(1) 魔女裁判(1) オンデマンド(1) リーナス・トーバルズ(1) バフォメット(1) 黙示録(1) スタジオジブリ(1) アモン(1) セイラム魔女裁判(1) ねじ巻きラジオ(1) 3D(1) 政治(1) イボ人(1) 国際(1) クリエイティブ・コモンズ(1) キリスト教(1) レビ記(1) Synfig(1) 独占(1) アマナイ(1) 広告(1) KXStudio(1) EU(1) イケンガ(1) 国際公文書館会議(1) マイナビ(1) ユダヤ教(1) ウルガタ聖書(1) 科学技術(1) 出エジプト記(1) 観光案内(1) 絵文字(1) サンフランシスコ(1) パキスタン(1) リクルート(1) ハトホル(1) パン(1) 地方(1) Blender(1) 羊神(1) ギリシャ(1) 高速道路情報無線(1) ツイッター(1) Youtube(1) 中南米(1) モヘンジョ=ダロ(1) CC(1) 悪魔(1) ラジオ(1) アレクサンドロス大王(1) ローマ(1) ポッドキャスト(1) ゲーム(1) 法律(1) パシュパティ(1) アピス(1) 宗教(1) テレビ(1) OpenToonz(1) 電子教材(1) 船乗りの柱(1) シリア(1) GPS(1) アフリカ(1) リグ・ヴェーダ(1) F-Droid(1) ムネヴィス(1) ネオペイガニズム(1) コミュニティ放送(1) アンビソニック(1) BountySource(1)
リファレンス

first-time visitors
user guide
謝辞

「みんなの翻訳」は情報通信研究機構言語翻訳グループ東京大学図書館情報学研究室による共同プロジェクトであり、三省堂国立情報学研究所連想情報学研究開発センターが開発に協力しています。三省堂には「グランドコンサイス英和辞典(36万項目収録)」の使用を許可していただきました。

連携研究グループはこちらをご覧ください。

「みんなの翻訳」を使っている翻訳グループについてはこちらをご覧ください。

バナー

logo

ポスター

poster

フライヤー

poster poster
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
本サイトはブラウザ「Mozilla Firefox」推奨です。
Firefox3で動作確認しています。

Valid XHTML 1.0 Transitional


GitLab Runner>ランナーを登録する

 「ランナーの登録」とは、GitLabで実際に使っていくランナーをまとめあげる工程を指します。

 前提条件 

 ランナーを登録する前に、次の工程が必要となります。

 GNU/Linux

 1.次のコマンドを入力します。

======================
sudo gitlab-runner register
======================

 2.GitLabが置かれているURLを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci coordinator URL (e.g. https://gitlab.com )
gitlab-ciのコーディネーター URL (例:https://gitlab.com ) を入力してください。
https://gitlab.com
======================

 3.先ほど取得したランナーのトークンを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci token for this runner
xxx
======================

 4.次にランナーの呼称を設定しますが、これは後からGitLabのUIで変更することも可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci description for this runner
[hostame] my-runner
======================

 5.ランナーにタグをつけましょう。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci tags for this runner (comma separated):
このランナーにおけるgitlab-ciタグを入力してください。(コンマ分割)
my-tag,another-tag
======================

 6.ランナーに、タグがついていないjobだけを抜き出して実行させるかどうかを設定します。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です(デフォルトでは『false』)。

======================
Whether to run untagged jobs [true/false]:
[false]: true
======================

 7.プロジェクトに応じてランナーを停止させる操作を許可するかどうかを設定します。(デフォルトでは『true』)これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Whether to lock Runner to current project [true/false]:
[true]: true
======================

 8.ランナーを実行するプログラム(エクゼキュータ)を入力します。

======================
Please enter the executor: ssh, docker+machine, docker-ssh+machine, kubernetes, docker, parallels, virtualbox, docker-ssh, shell: docker
======================

 9.エクゼキュータにDockerを選択した場合は、そのプロジェクトで「どのイメージをデフォルトで使用するか」を定義しておいてください。これは、「gitlab-ci.yml」で個別に設定するイメージとは別に扱われます。

======================
Please enter the Docker image (eg. ruby:2.1):
Docker イメージを定義してください(例:ruby:2.1)
alpine:latest
======================


 macOS

 1.次のコマンドを入力します。

======================
gitlab-runner register
======================

 2.GitLabが置かれているURLを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci coordinator URL (e.g. https://gitlab.com )
gitlab-ciのコーディネーター URL (例:https://gitlab.com ) を入力してください。
https://gitlab.com
======================

 3.ランナーのトークンを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci token for this runner
xxx
======================

 4.次にランナーの呼称を設定しますが、これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci description for this runner
[hostame] my-runner
======================

 5.ランナーにタグをつけます。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci tags for this runner (comma separated):
このランナーにおけるgitlab-ciタグを入力してください。(コンマ分割)
my-tag,another-tag
======================

 6.ランナーに、タグがついていないjobだけを抜き出して実行させるかどうかを設定します。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です(デフォルトでは『false』)。

======================
Whether to run untagged jobs [true/false]:
[false]: true
======================

 7.プロジェクトに応じてランナーを停止させる操作を許可するかどうかを設定します(デフォルトでは『true』)。これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Whether to lock Runner to current project [true/false]:
[true]: true
======================

 8.ランナーを実行するプログラム(エクゼキュータ)を入力します。

======================
Please enter the executor: ssh, docker+machine, docker-ssh+machine, kubernetes, docker, parallels, virtualbox, docker-ssh, shell: docker
======================

 9.エクゼキュータにDockerを選択した場合は、そのプロジェクトで「どのイメージをデフォルトで使用するか」を定義しておいてください。これは、「gitlab-ci.yml」で個別に設定するイメージとはまた別に扱われます。

======================
Please enter the Docker image (eg. ruby:2.1):
Docker イメージを定義してください(例:ruby:2.1)
alpine:latest
======================

 注:こちらの記事も参考にしてください。(→ be sure Docker.app is installed on your mac

 Windows

 1.次のコマンドを入力します。

======================
./gitlab-runner.exe register
======================

 2.GitLabが置かれている場所のURLを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci coordinator URL (e.g. https://gitlab.com )
gitlab-ciのコーディネーター URL (例:https://gitlab.com ) を入力してください。
https://gitlab.com
======================

 3.ランナーのトークンを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci token for this runner
xxx
======================

 4.次にランナーの呼称を設定しますが、これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci description for this runner
[hostame] my-runner
======================

 5.ランナーにタグをつけます。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci tags for this runner (comma separated):
このランナーにおけるgitlab-ciタグを入力してください。(コンマ分割)
my-tag,another-tag
======================

 6.ランナーに、タグがついていないjobだけを抜き出して実行させるかどうかを設定します。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です(デフォルトでは『false』)。

======================
Whether to run untagged jobs [true/false]:
[false]: true
======================

 7.プロジェクトに応じてランナーを停止させる操作を許可するかどうかを設定します(デフォルトでは『true』)。これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Whether to lock Runner to current project [true/false]:
[true]: true
======================

 8.ランナーを実行するプログラム(エクゼキュータ)を入力します。

======================
Please enter the executor: ssh, docker+machine, docker-ssh+machine, kubernetes, docker, parallels, virtualbox, docker-ssh, shell: docker
======================

 9.エクゼキュータにDockerを選択した場合は、そのプロジェクトで「どのイメージをデフォルトで使用するか」を定義しておいてください。これは、「gitlab-ci.yml」で個別に設定するイメージとはまた別に扱われます。

======================
Please enter the Docker image (eg. ruby:2.1):
alpine:latest
======================

 同じマシンに複数のランナーを登録したい場合は、それぞれに「./gitlab-runner.exe register」コマンドを繰り返してください。
 あえてランナーをいくつも用意する状況では、それぞれのランナーに応じて、異なる設定をする可能性が高いからです。

 FreeBSD

 1.次のコマンドを入力します。

======================
sudo -u gitlab-runner -H /usr/local/bin/gitlab-runner register
======================

 2.GitLabが置かれている場所のURLを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci coordinator URL (e.g. https://gitlab.com )
gitlab-ciのコーディネーター URL (例:https://gitlab.com ) を入力してください。
https://gitlab.com
======================

 3.ランナーのトークンを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci token for this runner
xxx
======================

 4.次にランナーの呼称を設定しますが、これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci description for this runner
[hostame] my-runner
======================

 5.ランナーにタグをつけます。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci tags for this runner (comma separated):
このランナーにおけるgitlab-ciタグを入力してください。(コンマ分割)
my-tag,another-tag
======================

 6.ランナーに、タグがついていないjobだけを抜き出して実行させるかどうかを設定します。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です(デフォルトでは『false』)。

======================
Whether to run untagged jobs [true/false]:
[false]: true
======================

 7.プロジェクトに応じてランナーを停止させる操作を許可するかどうかを設定します(デフォルトでは『true』)。これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Whether to lock Runner to current project [true/false]:
[true]: true
======================

 8.ランナーを実行するプログラム(エクゼキュータ)を入力します。

======================
Please enter the executor: ssh, docker+machine, docker-ssh+machine, kubernetes, docker, parallels, virtualbox, docker-ssh, shell: docker
======================

 9.エクゼキュータにDockerを選択した場合は、そのプロジェクトで「どのイメージをデフォルトで使用するか」を定義してください。これは、「gitlab-ci.yml」で個別に設定するイメージとはまた別に扱われます。

======================
Please enter the Docker image (eg. ruby:2.1):
alpine:latest
======================


 Docker

 1.次のコマンドを入力します。

======================
docker exec -it gitlab-runner gitlab-runner register
======================

 2.GitLabが置かれている場所のURLを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci coordinator URL (e.g. https://gitlab.com )
gitlab-ciのコーディネーター URL (例:https://gitlab.com ) を入力してください。
https://gitlab.com
======================

 3.ランナーのトークンを入力します。

======================
Please enter the gitlab-ci token for this runner
xxx
======================

 4.次にランナーの呼称を設定しますが、これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci description for this runner
[hostame] my-runner
======================

 5.ランナーにタグをつけます。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Please enter the gitlab-ci tags for this runner (comma separated):
このランナーにおけるgitlab-ciタグを入力してください。(コンマ分割)
my-tag,another-tag
======================

 6.ランナーに、タグがついていないjobだけを抜き出して実行させるかどうかを設定します。これも後からGitLabのUIで変更することが可能です(デフォルトでは『false』)。

======================
Whether to run untagged jobs [true/false]:
[false]: true
======================

 7.プロジェクトに応じてランナーを停止させる操作を許可するかどうかを設定します(デフォルトでは『true』)。これは後からGitLabのUIで変更することが可能です。

======================
Whether to lock Runner to current project [true/false]:
[true]: true
======================

 8.ランナーを実行するプログラム(エクゼキュータ)を入力します。

======================
Please enter the executor: ssh, docker+machine, docker-ssh+machine, kubernetes, docker, parallels, virtualbox, docker-ssh, shell: docker
======================

 9.エクゼキュータにDockerを選択した場合は、そのプロジェクトで「どのイメージをデフォルトで使用するか」を定義してください。これは、「gitlab-ci.yml」で個別に設定するイメージとはまた別に扱われます。

======================
Please enter the Docker image (eg. ruby:2.1):
alpine:latest
======================

Edit this page

原文:https://docs.gitlab.com/runner/register/
原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。
新着文書(Hnoss)

Triggering pipelines through the API
GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >API設定でパイプラインにトリガーを設ける 注: GitLab CE 7.14...
Configuration of your jobs with .gitlab-ci.yml
 (訳者より: Qiitaにてynott様が公開されたバージョン もありますよ。向こうのほうが先輩です)  目次: > .gitlab-ci.yml とは  > ...
Pipeline Schedules
GitLab Documentation > User documentation > Projects > パイプラインのスケジュール 注: この機能はGitLab Runner 9.1か...
GitLab CI Services
GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >CIサービス設定例  ベースイメージにリンクして使うためのDockerコンテ...

新着文書

The Impact of Reparameterization on Point Estimates / Bob Carpenter
点推定における再パラメータ化の衝撃 ボブ カーペンター 2016年4月24日 概要 変数を変更する時、変換の変化率を説明するために、ヤコビアンの調...
Revisit to resist: Histories of the movement to end gender-based violence
抵抗のための再検討:ジェンダーに基づく暴力を終わらせるための活動の歴史 2017年11月8日 記憶は抵抗である。あなたの話が沈黙させられ挑まれたな...
What do women’s rights have to do with the SDGs and the internet?
女性の権利はSDGsとインターネットにどのような関係があるか? 2017年8月2日、スリランカ 女性は均質な集団ではなく、科学技術へのアクセスもまた、...

新着Wikipedia翻訳

Trusted computing base
Trusted computing base 信頼できるコンピューティング( Trusted Computing )と混同しないこと。 コンピュータシステムのtrusted computing...
Wikipedia Today's Photo: March 30 2017
オランダの後期印象派画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(1853-1890)。作品が進化していくにつれ、静物、農民、風景、オリーブの木、小麦畑、ひま...
Wikipedia Today's Photo: March 31 2017
フロリダ州パームビーチ郡にある郡所有の公共空港、パームビーチカウンティパーク空港。ウェストパームビーチの中心業務地区から南に6海里(7マイル、...

更新履歴

※文書量によっては処理に数十秒かかる場合があります
バージョン 比較対象 更新日時 更新者
1(最新) 2018-01-22 15:31:42 Hnoss
2 2017-12-25 23:05:11 Hnoss
3 2017-11-24 21:17:35 Hnoss
4 2017-11-24 21:17:29 Hnoss
5 2017-11-24 19:33:32 Hnoss
6 2017-11-24 18:57:07 Hnoss
7 2017-11-24 18:57:01 Hnoss
8 2017-11-24 18:48:17 Hnoss
9 2017-11-24 18:46:55 Hnoss
10 2017-11-24 14:50:25 Hnoss

    
ブックマーク登録

タグを「;(半角セミコロン)」区切りで入力して下さい(例)tag1;tag2;tag3
10タグまで登録可能。各タグ30文字まで

履歴
状態 作業中 作業予定あり 作業予定なし 作業完了
テーマ 社会 政治 法律 経済 文化 芸能 科学技術 IT 健康/医療 スポーツ メディア 植物 動物 菌類 地方 国際
地域 日本 東アジア アフリカ 南アジア 東南アジア 西アジア/中東 太平洋 北米 中南米 欧州
ジャンル ニュース 解説記事 論文 日記 百科事典

コメントを入力して下さい
0 / 250
    
ブックマーク登録

ブックマークに登録しました。


言語選択

    
ファイルプロパティ

使用許諾条件
ファイル情報
あなただけがこのファイルを閲覧・編集できます。
みんながこのファイルを閲覧できますが、
編集ができるのはあなただけです。
あなたに加えて、指定された人やグループが
このファイルを自由に閲覧・編集できます。
公開設定
編集設定
グループ:0組 翻訳者:0人
    
アクセス属性
この文書は「非公開」設定になっています。
一般公開する場合は、編集ページの書誌情報で「公開」設定に変更して下さい。
翻訳者選択

※メニュー「翻訳者管理」で翻訳者、グループを追加することができます。


    
ノート

非公開ノート
0 / 2000 ※「公開・編集」権限を持つ翻訳者のみに公開されます。
公開ノート
0 / 2000 ※文書を「公開」にした場合、一般に公開されます。

言語選択

 →