Hnoss

Hnoss

GitLabのドキュメントが、CC BY-SA 4.0.になったー!やったー!
カレンダー

文書タグ

フノス(訳者)(215) IT(191) 解説記事(147) マニュアル(82) GitLab CI(60) オープンソース(50) GitLab(40) Linux(38) メディア(34) コンテナ(29) ウェブ制作(27) DTM(19) HTML5(19) Libre Music(18) おすすめ オープンソース・ソフトウェア(18) プラグイン(14) 百科事典(14) 文化(12) ソフトウェア(11) セキュリティ(11) 録音(11) ミキシング(11) MIDI(10) 西アジア/中東(10) 料理(9) ジョージア(9) グルジア(9) 東ヨーロッパ(9) シーケンス(8) 芸能(8) 業務効率化(8) 音楽編集(8) コマンド(8) 音楽(7) 経済(7) ハンドブック(7) マスタリング(7) Raspberry Pi(6) アプリ(6) Google(5) ワークフロー(5) WordPress(5) JACK(5) マイクロサービス(5) 北米(4) Windows(4) Android(4) 映像制作(4) GNU(4) 法律(4) 欧州(4) 音楽プレーヤー(4) Ubuntu(4) Python(3) アニメ(3) ホームオートメーション(3) アニメーション(3) IoT(3) Ardour(3) 社会(3) Java(3) ソーシャルメディア(3) DAW(3) スマホ(2) 牛(2) 歴史(2) ニュース(2) GNOME3(2) iOS(2) PlayStation(2) 仮想通貨(2) 古代エジプト(2) マーケティング(2) 有角神(2) エジプト(2) ALSA(2) OS X(2) ERPシステム(2) 電子ブック(2) トヨタ(2) バト(2) Krita(2) 電子書籍(2) ウィッカ(2) GPL(2) ERP(2) オカルト(2) Twitter(2) ロスレス音源(2) BountySource(2) 元ネタ(1) ケルヌンノス(1) ナイジェリア(1) 日記(1) 聖書(1) 任天堂 DS(1) 教育(1) bi-modal IT(1) 魔女宗(1) アクティブSETI(1) バイノーラル(1) Papagayo(1) 写真(1) 意味(1) コシディウス(1) インド(1) ユーコン(1) ヤーウェ(1) CD(1) タブレット(1) 学校(1) 日本(1) 羊(1) ベルゼブブ(1) デジタルサイネージ(1) VR(1) アップストリーム・パッケージング(1) 画像(1) 由来(1) グンデストルップの大釜(1) カナン(1) カナダ(1) サウンドフォント(1) 詩篇(1) チップチューン(1) バ・ネブ・デデト(1) コットン・マザー(1) クラウドキャスティング(1) VST(1) ポータブルソフトウェア(1) エリファス・レヴィ(1) マサチューセッツ(1) 考古学(1) 申命記(1) クヌム(1) 魔女裁判(1) オンデマンド(1) リーナス・トーバルズ(1) バフォメット(1) UNIX(1) 黙示録(1) スタジオジブリ(1) アモン(1) セイラム魔女裁判(1) ねじ巻きラジオ(1) 3D(1) 政治(1) イボ人(1) 国際(1) クリエイティブ・コモンズ(1) amazon(1) キリスト教(1) レビ記(1) Synfig(1) 独占(1) アマナイ(1) 広告(1) KXStudio(1) EU(1) イケンガ(1) 国際公文書館会議(1) マイナビ(1) 募金(1) ユダヤ教(1) ウルガタ聖書(1) 科学技術(1) 出エジプト記(1) 観光案内(1) 絵文字(1) サンフランシスコ(1) パキスタン(1) リクルート(1) ハトホル(1) パン(1) 地方(1) Blender(1) 羊神(1) ギリシャ(1) 高速道路情報無線(1) ツイッター(1) Youtube(1) 中南米(1) モヘンジョ=ダロ(1) CC(1) 声明(1) 悪魔(1) ラジオ(1) アレクサンドロス大王(1) ローマ(1) ポッドキャスト(1) ゲーム(1) パシュパティ(1) 1Password(1) アピス(1) 宗教(1) テレビ(1) OpenToonz(1) 電子教材(1) 船乗りの柱(1) シリア(1) GPS(1) アフリカ(1) リグ・ヴェーダ(1) F-Droid(1) デザイン(1) ムネヴィス(1) ネオペイガニズム(1) コミュニティ放送(1) アンビソニック(1)
リファレンス

first-time visitors
user guide
謝辞

「みんなの翻訳」は情報通信研究機構言語翻訳グループ東京大学図書館情報学研究室による共同プロジェクトであり、三省堂国立情報学研究所連想情報学研究開発センターが開発に協力しています。三省堂には「グランドコンサイス英和辞典(36万項目収録)」の使用を許可していただきました。

連携研究グループはこちらをご覧ください。

「みんなの翻訳」を使っている翻訳グループについてはこちらをご覧ください。

バナー

logo

ポスター

poster

フライヤー

poster poster
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
本サイトはブラウザ「Mozilla Firefox」推奨です。
Firefox3で動作確認しています。

Valid XHTML 1.0 Transitional


現在の位置:チームハンドブック 目次>全般における 活動指針

1.GitLab 社で働くものに告ぐ。常に、お前が今まで働いてきた部署の誰よりも、個性的で見どころのある者であれ。組織の右に倣うよりも先に、生産的であれ。そして、ソフトウェアを作ることとは、お前の手の届く範囲にいる、全ての人々を守る行為であることを忘れるな。

2.アイディアには鮮度がある。満足のいく結果を成し遂げるには、ちょっとのぼーっと考える時間と、思いついた(思い出した)ことを少量でも記録する時間を、何者にも取られないようにしろ。

3.顧客にとって正しいことをしろ。次にコミュニティの足しになることをしろ。息の長い仕事になろうと、本当に顧客にとって正しいことは、根深い問題になりえない。

4.複雑そうに見える仕事を適切に分解して、きちんと解決するような、ソフトウェアを作りたい。

5.実際、自分たちが作ったソフトウェアで、自分たちの複雑業務も解決することが多い。

6.他人を攻撃するな。まして、人種、民族、肌の色、ジェンダー、性的指向などを、攻撃の道具にしておいて、冗談めかしてさえいれば許されると思いあがっている奴は卑劣だ。

7.差別にならない言い回しにする。たとえば、英語なら"Hi guys"という古典的な言い回しがあるが、これは誤解を呼びやすい。"Hi everybody" や "Hi people" にすることが望ましい。
 日本語でいけば、「男を見せろ」とか、「日本人でよかった」などの発言は鼻つまみ者だ。
 本当に小さな目標を大切にできる人間だったら、この手の言葉はとっくに、無用の長物になっているだろう。

8.何か問題を見つけた時には、どんな出来事があったかを報告すること。周りに助けを求めること。隠さず周知すること。

9.みんなの「よく分からない」「理解ができない」という一言には、かえって耳を傾けろ。(Recurseを参考にした。)専門性をお立ち台にして、誰かを見下してはならない。
 ”独特な業界”が、”時折礼節を欠いていて、はた迷惑な業界”のことになっていないか?たびたび注意してみることだ。

10.開発の業務計画や業務形態(テンプレート)は、まずハンドブックに載っている方法を取ろう。ハンドブックにどうしても追加したい部分が生じたら、Google/Word documents に追記するべし。

  • ハンドブックはいつでも最新状態に整える
  • 組織の変化・動向をすぐさま感知できる。また、オープンであることから外部組織がわが社に協力する際の参考になる。
  • 詳しい議論や、業務提携(コラボレーション)の打ち合わせについては、イシューコメントやマージリクエストのコメント欄で実施すること。

11.GitLabにおける活動は公開しよう。なるべくパブリック・イシュートラッカーや、公開レポジトリを使うこと。

12.大抵のことは公開するべきだが、次の事項においては例外である。

  • セキュリティ脆弱性に関わる事項
  • 金融、法的な情報
  • 個人的な、求職活動 / 報酬金額の請求 / フィードバック
  • 他社とのパートナシップに関わる話題
  • イシューを出した顧客の情報:イシューを出すときには、顧客の情報は可能な限り公開させないこと。顧客の情報(会社名、従業員名、ユーザー数、その他顧客を特定する情報)

13.たとえ、自分が所属していないコミュニティだろうと、問題の答えや、解決の糸口を見つけたら共有しろ。

14.自分が失敗を犯しても、それは関係当事者やチームで対応する。どのようにして起こった失敗に、どのような方法で対処したかについては、CEOに知らせろ。後輩たちが同じミスを犯さないためにも、その予防法を記録しろ。

15.お前の人格を否定したり、不快な状況に追い込もうとする相手は、いつだって追い出してしまって構わない。

16.「判断が難しい」と感じることがあれば、まずこのガイドラインを基準にしろ。チームで解釈の不一致や、意見の衝突が起きたときに、下手に議論を進めたところで、ただの社内抗争になってしまう。

17.自分じゃどうしようもない問題や、力関係(お前の役職、学歴、学閥、上司、給料、現在地、コンピューターや、諸々の非力さ)などについて悪く言われた場合は、すぐに上司やまとめ役、CEOなどにできる限り詳しく伝えろ。問題は小さなうちに解決したい。矮小化はよせ。

18.ちょっとでも良い人材を採用したい。知人に自分よりもよい人材がいれば、わが社に誘い入れるようにしろ。

19.チームにいる仲間には、小さなノルマをこまめにかけるようにしろ。
 宣伝はきっちり。ネットで話題にした程度じゃ、リアルで周知したことにならない。我々の機能を必要としているところは、まだまだある。需要の発掘も宣伝の一部だ。
 開発は抜かりなく。便利な機能は一刻も早く、世に送り出せ。些細なことが発展せずして、誰しもの将来が阻害されている。

20.我々の戦略によく目を通し、開発の参考にすべし。

21.どの行動にしろ、発言にしろ、あなた自身(i) が「果たしてこれは社が掲げる、営業上の目標(ii) に近づくものだろうか」と疑問を持つことは大いに歓迎する。
 これは本当に企業の利益になっているのか。「この努力は、提案は、建設的な道に進むだろうか。この先に発展の余地があるだろうか(iii) 。結局自分には何ができるだろう?」と疑問を持ちながら動いてほしい。

22.みんなの賛成が得られなくても、考えていることを伝えておくと、思わぬ反響が得られることがある。(たとえそれが、ccを使ったmailだろうと。)自分が思っている程、みんなの意見が怖くないことに、徐々に慣れていこう。

23.社にいる者たちは、お前の発言を気にしている。仕事から離れている日だろうと、案外と個人的な用で検索して覗いていたりするものだ。また、書いている内容について「きちんと見ているよ」と電話をくれることもある。どちらも非常に励みになる。

24.GitLab.comなどで、我々のプロジェクトを修正したり、ユーザーとして他作品を修正する際には、公式説明書において「default」あるいは「preffered」とされている設定に準拠するように。
  「GitLab.com」はあくまでプロジェクトを公開する目的で運営されている。様々なユーザーがコードをそのまま使っても、きちんと動かしてもらえるように、設定は標準にしておく必要がある。どうしてもそれに反してしまうような場合は、GitLab.comのsettings pageにその設定を追加しておくことが求められる。

25.新しいレポジトリやプロジェクトを開始する必要がある場合にも、長期的なメンテナンスに耐えうるように、デフォルト設定は維持されるべきである。詳しくは、ハンドブックのエンジニアリング、『GitLab レポジトリ』の章に従うよう。

26.GitLabの公式にかかわることに、何らかの変更がある場合には、必ず草稿を提出しろ。これには当ハンドブックも含まれる。変更を受諾するか否かの会議はすぐに実施し、公式発表する際には「まだ草稿である(draft)」という記述が入らないようにする。また、新機能の記述は時間を置かずに実施すべし。
 誰にでも”現在の”GitLabを送り届けられるように、説明を徹底する。ユーザーのために、説明業務を滞らせてはならない。

27.次の戦略を練る際には、「誰」を対象に、「どんな目的で」あるいは「何を期待されている」と判断したかを明記すること。

28.要請に応答するよりも先に、すぐさま解決することを心がけろ。お前の行動計画に、いちいち誰の要請に応えるかを書いたところで、顧客の問題を現実に解決できるとは限らない。また相手に、問題がすでに解決してしまったような誤解を与えかねない。
  問題を解決することについては、事後報告で構わない。

29.社員と、我々を支援してくれている、GitLabberたちのプライバシーを尊重しろ。我々の生産データを、常に保護しろ。お前がごく普通の仕事をこなすために、生産データの保護は欠かせない。
  安全上の理由から、我々の製作に関わるデータを覗かれること
 (例:LOVEINT【国家スパイなどの特権を持つ者たちが、『自らが性的に好みである人物の私生活を、職権を乱用して監視していた』ことを名目として、国益に直接関与しない一般市民の行動を監視する行為】などのように、GitLabberなどへのダイレクトメッセージを監視することなど)
 は、大変な脅威である。

30.業務上発生したタスクに、すぐさま対応できない場合は、その旨をすぐに社員に伝えろ。
 例:「他に優先しなくてはならない案件があるので、それには参加できない」
   「それを解決するには、5月の25日までかかってしまうが、それでもよろしいだろうか。」など。

31.handbook usageleadership guidelinesにも目を通すべし。

原文:https://about.gitlab.com/handbook/general-guidelines/
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス外部リンク
新着文書(Hnoss)

GitLab Plugin system
GitLab Documentation > Administrator documentation >GitLab Plugin system GitLab 10.6より導入。  カスタムプラグインを使えば、GitLa...
UX Department
現在の位置: チームハンドブック 目次 >UX部門   UX ガイド  GitLabの見た目は、 UXガイド を基準に構成されている。このガイドが、わが...
Team Handbook
現在の位置:チームハンドブック 目次  このハンドブックは、GitLabという企業が、どのようにサービスを維持運営していくかを記したものだ。ここに...
Engineering
現在の位置: チームハンドブック 目次 >エンジニアリング   連絡方法 Public Issue Tracker (GitLab CEの場合) ; 不特定多数に公開して...

新着文書

Bristol’s Last Bookshop shares key facts on the remains of publishing
ブリストルの ラスト・ブックショップ (「最後の書店」)はたぶん、真の本好きのための残本店と言っていいだろう。それは、いくつかの出版社の名作...
Second social leader opposed to dam construction murdered in one week
一人の社会指導者は昨日プエルトリコ・バルディビアで虐殺された。これはアンティオキアで一週間以内に連続して起きた二回目の類似の殺人である。5月8...
Avianca strike leaders fired / Justice for Colombia
コロンビア第一の航空会社アビアンカは昨年9月20日から11月9日の長期にわたり行われたストに参加したパイロット14人を解雇した。解雇された一人、ハイ...

新着Wikipedia翻訳

Flutter (software)
Flutter -------- 原作者:Google 開発者:Googleとコミュニティ 最初の公開:アルファ(v0.0.6)/2017年5月;1年前(2017-05)[1] 試験版の公...
E (programming language)
E(プログラミング言語) AmigaE や e(検証言語) 、 GNU E と混同しないこと。 E -------- パラダイム マルチパラダイム:オブジ...
Van Eck phreaking
Van Eck phreaking(ファン・エック・フリーク) Van Eck phreakingは盗聴の一形態であり、その中では特殊な装置が使用され、電子機器を探るため、隠...

更新履歴

※文書量によっては処理に数十秒かかる場合があります
バージョン 比較対象 更新日時 更新者
1(最新) 2018-05-18 12:42:26 Hnoss
2 2018-05-18 12:42:08 Hnoss
3 2018-03-26 21:15:46 Hnoss
4 2018-03-26 21:14:41 Hnoss
5 2018-03-26 21:10:33 Hnoss
6 2018-03-26 20:07:40 Hnoss
7 2018-03-26 20:07:02 Hnoss
8 2018-03-26 20:06:17 Hnoss
9 2018-03-26 20:06:08 Hnoss
10 2018-03-26 19:56:44 Hnoss

    
ブックマーク登録

タグを「;(半角セミコロン)」区切りで入力して下さい(例)tag1;tag2;tag3
10タグまで登録可能。各タグ30文字まで

履歴
状態 作業中 作業予定あり 作業予定なし 作業完了
テーマ 社会 政治 法律 経済 文化 芸能 科学技術 IT 健康/医療 スポーツ メディア 植物 動物 菌類 地方 国際
地域 日本 東アジア アフリカ 南アジア 東南アジア 西アジア/中東 太平洋 北米 中南米 欧州
ジャンル ニュース 解説記事 論文 日記 百科事典

コメントを入力して下さい
0 / 250
    
ブックマーク登録

ブックマークに登録しました。


言語選択

    
ファイルプロパティ

使用許諾条件
ファイル情報
あなただけがこのファイルを閲覧・編集できます。
みんながこのファイルを閲覧できますが、
編集ができるのはあなただけです。
あなたに加えて、指定された人やグループが
このファイルを自由に閲覧・編集できます。
公開設定
編集設定
グループ:0組 翻訳者:0人
    
アクセス属性
この文書は「非公開」設定になっています。
一般公開する場合は、編集ページの書誌情報で「公開」設定に変更して下さい。
翻訳者選択

※メニュー「翻訳者管理」で翻訳者、グループを追加することができます。


    
ノート

非公開ノート
0 / 2000 ※「公開・編集」権限を持つ翻訳者のみに公開されます。
公開ノート
0 / 2000 ※文書を「公開」にした場合、一般に公開されます。

言語選択

 →